boulangerie545のブログ

40代、人生リセット、ゼロからの再スタート^_^

ダメか?❷😅

2杯目を飲み終わる頃、怖い顔の店主は普段着に着替え、さっさと店を出て行った。

 

残るはホール担当の若い中国人女性のみ。

ん?16時までって書いてあったような。😓

※現在14:50

 

すると直ぐ後ろの自動ドアが開いて、お世話になりまーす!と来客がある。

〇〇ペッパーとやらの営業マンだ。

 

「本日15:00に約束していた〇〇です」

 

若い中国人女性に伝えるが、店主はつい先程出て行ったばかり。

 

若い中国人女性は、申し訳なさそうに営業マンに事情を説明して引き取ってもらう。

 

店内のBGMが消え、店内の掃除を始める店員。

丁度食い終わったしボチボチ出ようかな。

 

料理が美味しくて、また来たかったので、ちなみにお昼の営業時間は何時までですか?と聞いて見る。

 

すると店員さん、いつもは16:00までなんですけど、店主の気まぐれですと平気で言う。

 

なるほどね。そうそう、これでいいのだ。

 

真面目に商売やっていた頃は、近年の1億総クレーマーなる時代の中、来店して下さる全てのお客さんから満足を得ようと必死だった。

 

自分の都合でお店を休む、変更するなんて言語道断。

 

オープンキッチンでもあったので、作業姿勢も、見られている事を常に意識していた。

 

腕組みするな、身体を触るな、身なりをキチンとしろ...

 

見えない所にもこだわる事で、その姿勢はお客様に伝わるだろうと考えていた。

 

何よりも、それらをスタッフ全員に理解してもらう事に必死だった。

 

結果、完璧主義、神経質、やり過ぎ、傲慢...

挙げ句の果てに自分の意見が一番なんだよね、見たいなレッテルを張られる。😅

 

日本は確かに、どのレベルのお店でも、世界最高水準のサービスを提供している。

外国人に関心される事も多い。

 

例の角刈り兄貴のドラックストアのアルバイト店員も、レジ前に来たら両手をキチンと揃えて、馬鹿丁寧にお辞儀をするようなった。

 

でもやはり、やり過ぎじゃね?気にし過ぎじゃね?と思うし、実際ここに来て、そう言う意見も多くなって来た。

 

もう少し、気楽にやろうよ!と思うし、いつか再び自分でお店をする時は、肩の力を思いっきり抜きつつも、最低限の時代にあったサービスをやろうと思う。

 

力を抜きつつも、来客が途切れないお店。

 

色んな要素があるとは思うが、この中華屋さんに来て、今更ながら、色んな事を考えさせられた。

f:id:boulangeriemanna545:20170725225207j:image

誰にも束縛されず、誰も束縛せず...

今度こそ自由に!^_^