boulangerie545のブログ

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店する為にタクシーの運転手をしているブログ。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

師走と銀座

タクシー業界の繁盛期に突入した12月。

週末に出勤して前日の売り上げを見ると、ランキングトップ10内は皆9万越えをしている。😱

 

昨年の今頃は、乗務始めて2ヶ月程で他人の売り上げなんか見る余裕が無かった。そんな中

過去記事を振り返ると、都内の右も左も分からない中、面白いように売り上げが上がって行くのが楽しくて、売り上げに関する記事が多かった。😅

 

若いな。←お前が言うな。😂

 

実は先月までは、大台の10万突破を狙っていた。

 

事故と違反と腰痛と、その他諸々が重なって、やっぱりやめた。←素早い切り替えが大切。🤣

 

必要な分だけ稼いでガツガツしなくなったら、

休憩をしっかり取って、以前より2時間ほど早めに帰る事が多くなった。←昨年は4:30、今は2:30に帰庫。

 

ヒルズ前とミッドタウン周辺のイルミネーションにも良い加減飽きてきて、そろそろ次の展開なんじゃね?と思いながら、人混みの中をのんびり走る。のんびり走っていても、お客さんは絶えず向こうからやってくる。東京こえぇー😅

 

 

 

タクシー業界は、新型の車両や年明けの相乗り→アプリで共有して行き先が同じ他人と相乗り

など、今後も生き残りを賭けた戦いが続く模様。

 

面倒く...あ、いや、何でも無い。

引続き全力で協力します。^_^

 

こんな感じの12月なのだけど、世間は色んな事件や事故で騒がしい。

 

そんな中、とある有名人のつぶやきが少しだけ話題になった。銀座のタクシー乗り場で待っていたら乗車拒否されたらしい。真相は分からないけども、銀座特有のタクシールールの結果なのかな?と思った。

 

銀座は22時から1時にかけて、北は銀座4丁目の晴海通り、南は新橋駅前の外堀通り、東は山手線や東海道本線などに沿ったコリドー通り、西は中央通りに囲まれたエリア全体が乗車禁止地区に設定される。

 

そのエリア内では、決められたタクシー乗り場からしかタクシーに乗る事が出来ない。(乗せることが出来ない)

 

道を歩いていて、タクシーが来たからと言って手を挙げても止まってくれない。

手をあげる方は別に罰則は無いけども、タクシーはこれを破ると、運転手と会社は厳しい罰則を受けることになる。

 

エリア内の渋滞を避けるために始まったこのルールは道交法では無く、タクシーセンターが決めたルール。なので免許の減点にはならないのだが、標識や案内がないので、運転手にとっては新人殺し、お客さんにとっては少し分かりにくい物になっているようだ。

 

各タクシー乗り場には、そこに行くまでのルートが決まっている。一番遠い所では、築地辺りから並んで、御門通りを進んでコリドー街の5号乗り場に向かう。1キロくらい並ぶ感じ。今回の件は5号乗り場でしたね。😅

 

そんな中、エリア外からお客さんを乗せてくるタクシーがいる。そんなルールなので、エリア内で降ろした空車タクシーは、エリア内ですぐさまお客さんを拾う事は絶対に出来ない。

 

目の前にタクシー不在の乗り場があっても、そこにいきなり入る事は出来ないんだよね。😓

 

他にも空車で通ってはいけない、降ろしたら、次の辻で曲がる、標識の無い左折禁止、右折禁止など様々な独自ルールがあって、常にタクシーセンターのひとが見張っている。

 

今回のつぶやきの件は、ルール上素通りしたとしても、黙って通り過ぎないで、窓を開けてきちんと説明する、が正しい行動で、見つかると違反となる。

 

ちなみに標識の無い右左折禁止は、乗り場に並ぶのが嫌なお客さんが、微妙な境界線から「乗禁区域外の、ちょっとその先で待っているから」というズルを防ぐ為。

 

もう、ホント面倒くさいから行かない。😅←たまに行くこう言う人が違反します。笑!

f:id:boulangeriemanna545:20171221220351j:image

最近自分で握るおにぎりが妙に旨い。