boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

魚肉ソーセージの揚げパン

魚肉ソーセージ。都会では5割の好印象、地方は8割。高所得者の中では3割の支持、低所得層に8割の好印象と言うデータがある、あのピンク色のソーセージ。

 

この魚肉ソーセージを使った揚げパンは、約50年前から創業者が作り始め、独立した後も継承していた。時代の変化と共に、何度か進化させようとしたんだけども、「あの、懐かしい味を」の意見が圧倒的に多く、最後まで作り続けていた商品の一つ。

 

当時4本束になったソーセージのビニールを剥がして、1本づつカットして4分の1にする作業は、例のT君の仕事だった。

 

T君が出来る作業を寄せ集める事で、他のスタッフの作業軽減に繋がり、T君も役割を得る。

 

手作業の現場では、忙しいからと言って、一人雇うと手が余り、かと言って雇わないと、いつまで経っても皆激務、見たいな状況が日常的。

取っ掛かりに簡単な作業を寄せ集めるのは、常套手段だった。

 

んーまた話が逸れた。😅

 

この魚肉ソーセージの揚げパン、いつの日か例の婆さんの居酒屋で飲んだ時、地元の人に絡まれて退店出来なかった時の事。😓

地元で有名なパン屋であって、私のお気に入りのパン屋でもあるディジイの事を、地元のお客さんに色々と聞いて探りを入れていた。

 

その時地元のお客さんも「あそこは、私の好きな魚肉ソーセージの揚げパンがあってさー」と言うのを聞いて、こんな都会でも支持されているんだ!と驚いた。

 

同時に

 

いつものように、作り手の自信作は案外人気がなく、何となくやっているパンが密かに人気と言うミスマッチを、こんな遠くに来てからも見てしまう。

 

ディジイは、ハード系とデニッシュとオリジナルの菓子パンが素晴らしい。作り手もそこにこだわりがあるはずだ。

 

創業当初からやっていて、こっちが知らぬ間に、いつのまにかお店の顔になると言う不思議な商品。

 

その時はそんなに意識していないのに、ひょんな事から作り始めたら、超ロングセラー商品になる商品。

 

でもこう言う商品が多いお店は、本当に息が長い。

 

次から次に斬新なアイデアの商品が生まれて来る。東京面白れぇー!と毎日楽しく観察しているけども

 

ある時ふと、この揚げパンのことを思い出して作って見たのでした。^_^

 

揚げパンは、成形して冷凍保存も出来るので色々と便利。自然解凍して二次発酵後は、片面1〜2分揚げるだけ。

 

パンの基本の9割が、焼き立てより粗熱取れて少し冷まして、味が落ち着いた頃が一番美味しい。

 

出来立てが美味しい数少ない商品に、揚げパンがあるのです。^_^

 

100%加糖中種法の調理パンをやってみた。

捏ねると言う困難な作業軽減につながる。

製法については後日。^_^

f:id:boulangeriemanna545:20171025135317j:image

台風前日の東京タワー。