boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

3.11 2:46

あの日は帰宅時間が嫁と重なったので車で一緒に帰る事にした。そしてナビから流れるTVの音声で異変に気付いた。→走行中は音声だけ

 

とてつもない大きな災害が東北で起こっている。音声だけで何故そう感じたのかは覚えていないのだが、異変に気付いてすぐにお店の、当時店長を任せていたスタッフに電話した。

 

東北で大きな災害が起こっている。ネットで今起こっている事を確認したら、取り敢えず他のスタッフ全員に知らせなさい。

 

東北出身者がいるかもしれないという事で、あの時、あの時間に遠く離れた九州で最初にやった行動は電話だった。

 

帰ったら真っ先にテレビを付けて愕然とする。

目の前に映し出される光景が信じられないものだった。

 

その時目の前に映し出される人々の心配も当然したのだが、店と家が海のそばであり、初めて経験する国内の大規模な地震災害だったので、ここは安全なのか?で頭が一杯になった。

 

結局翌朝出勤するまでテレビを見続けて、こんな離れた所にも小さな津波が来たけど、散々調べてここは大丈夫と言う結論が出た。

 

それから日が経つにつれ、事態は予想を遥かに上回る深刻な事態になっていった。

 

今自分に出来ることは?日本中の人が同じ気持ちだったと思う。出来ることの少なさに苛立ち、途方に暮れた。

 

色んな情報が錯綜して、ある時期は混乱していた。もっと早く救助に行けないのか?救援物資をどうにか届けたい、テレビ局は映してないで助けろよ?とか。

 

東京の人達の様子も強烈に印象に残っている。

 

パン屋仲間からも何かしましょう!と色んな提案があった。色々調べた結果、混乱しているし、逆に迷惑になると言う判断に至った。

 

その頃夫婦でブログをやっていた。子育て世代が少しでも気軽に、楽しくと言うテーマだったので、常連さん達とのやり取りも毎日のように楽しくやっていた。

 

日本中が自粛モードになった。当然だ。

 

夫婦で考え抜いて、やはり自分達は目の前の仕事を一生懸命して、普段通り楽しくやろう!となった。

 

いづれはあそこで出店して、何かやりたいね!そんな事も話し合った。

 

嫁はブログで約束した。忘れない事、風化させない事、教訓を生かすこと。

 

黙祷。