boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

永田町

国会議事堂がある霞ヶ関周辺は各省庁が立ち並ぶエリア。外務省、文科省国交省農林水産省経産省財務省、外務省、金融庁厚生労働省、その他警視庁や東京高等裁判所など...

 

国会議事堂のすぐ周りには首相官邸、合同庁舎8号館、国会記者会館、内閣府衆議院第1、第2議員会館参議院第1議員会館国会図書館などがぐるりと囲み、自民党本部などがある。

 

少し離れて特許庁、更に離れて大手町辺りに何故か気象庁がポツリとある。

 

六本木から東京駅や大手町、丸の内辺りへは頻繁に行く。その六本木→東京駅周辺へのルート間に霞ヶ関、永田町があるので良く通るコースの一つだ。

 

六本木から東京駅界隈にお客さんを送った帰りは丸の内や大手町、銀座を通るとすぐにお客さんを拾う確率が上がるが、拾えない時は来た道をそのまま帰って霞ヶ関周辺で狙う事もある。←多分ベテランはやらない

 

周辺は交通量が比較的少ないので抜け道に使うと言うのもあるが、遠方から議員さんに会いに来た、各省庁に用事で来た、裁判所等に来た人達を拾うとたまにロングを引くので寄ってしまう。

 

とは言え、国会が開いて議員さんを取り巻く人達の動きが慌ただしくなると、永田町界隈の近距離移動地獄となるので日中は注意が必要だ。ワンメーターをタクシーチケットでってのを繰り返す羽目になる。

 

その永田町周辺。日が暮れて20時前後には人の気配が一旦パタリと消えるが、深夜0時頃から2時〜3時と言う時間帯になると各省庁の周りに個人タクシーが行列を作る。←個人タクシーが並ぶエリアは美味しい仕事がある←遠方へのお仕事

 

特に外務省、財務省周辺のタクシーの量が半端ない。←その数数百台

 

職員は毎日のようにこんな時間まで働いているんですよね。定時できっちり帰るもんと思っていたので最初はとても驚いた。

 

議員さんの国会答弁用の資料作ったりしてるんかなー。今だと韓国の例の件や予算委員会なんかがあるんで外務省とか特に忙しいんかなー。

 

私なんかが足元にも及ぼないエリート集団の方達が、その優秀な頭脳をフルに使って毎日遅くまでお仕事をしている。メディアに取りあげられた記事の一部だけ見れば、不可解で、時にえ?と言う言動もあるのだけども、そこに至るまでには様々な苦労ややり取りがそこにある。

 

表に出せない情報も沢山あるだろうに、真実を知らないままいつの間にか自分の小さな立場で見てしまう。😅

 

確かにお役所仕事的な面もあるみたいだけども、毎日ののように深夜遅くまで働く人達がいるって案外知られていないのかも?と思ったので書いて置こうと思いました。

 

大手町、丸の内辺りのオフィスビルも同じっすね。

 

お疲れ様っす!←軽い😅 いや、ホントお疲れ様です。

f:id:boulangeriemanna545:20181102050241j:image

ほんの一部ですけど。外務省前にて。

国会開催中は特にね。