boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

マンハッタンの作り方

前日の記事は動画とセットであげるつもりで中途半端になってしまった。

 

マンハッタンについてはこちら↓

boulangeriemanna545.hatenablog.com

 

では早速。ネットで見つけた写真を見て恐らくこんな感じか?と言うレシピなので参考までに。

 

・クッキー生地

 

薄力粉                   200g

バター(マーガリン)100g

砂糖                       120g

ベーキングパウダー     2g

全卵         1個

 

作り方は上のリンクから辿って下さい。

 

・ドーナツ生地

 

強力粉       200g

砂糖          20g

塩          3.6g

バター(マーガリン)  24g

全卵        20g

ぬるま湯      96g

 

しっかり捏ねて35℃のホイロで40分発酵させる。その後生地を押さえてガス抜きをしてからビニール袋などに入れ冷蔵庫で冷やす。(6時間〜12時間)

 

 続きはうんこ座りして作るパンシリーズ第二弾より。

 

 チョコは市販の板チョコを使用。手で細かくしてレンチン(40秒〜60秒様子見ながら)で溶かしたら大さじ一杯のサラダ油を入れてしっかりとかき混ぜます。

 

ところが...

 

どう見てもチョコの量が足りないので、スプーンですくってかけるやり方に変更した。そして粉糖を振ってごまかした。

 

反省点及び感想

 

このレシピだとクッキー生地の出来上がり総重量が約470g、パン生地が約360g。パン生地よりもクッキー生地が若干多い感じかなーと思ったのと、どちらもキリが良い配合だったのでやってみたのだけどもかなり軽い仕上がりとなった。本物はもっと歯ごたえがあってガリガリしている感じだ。あとチョコの味が本物と明らかに違う。これは仕方ないか...

 

 

しかし、ラテンアメリカ?のチュロス?よりは歯ごたえがあって、これはこれで良い感じだった。おやつとしては十分なのかなと。チョコのグレード変えたりシナモンなどで味を変える、形を工夫すれば現代的な商品にも出来るな〜なんて思いました。

 

今回は別生地を使うので少々めんどくさい工程なのだけども、揚げパンは普通のパンと比べると失敗が少ない気がするので、カレーパン、あんドーナツ、ピロシキなどは是非お試しを。