boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

WBSS❶

決勝当日は午前中にディーラーへ点検へ。2時間ほど掛かるとの事なので代車のスクーターを借りて一時帰宅した。

 

実に30年ぶりに乗るスクーター。一応125ccだけど軽過ぎてコレ車道走れんの?と言う最初の感触。街中ではいつも頻繁に見かけていて、都内のスクーター乗りは車道最強😓 道交法は半分くらい守られていない(印象)だ。笑

 

実際に乗ると車体の小ささも相まって走るのがとても怖かった。ニーグリップ出来ないのと車輪の小さい事でいつもと勝手が違う。近所の買い物&通勤にしては最適だけど、コレがあったらいよいよ歩かなくなるなー。←チョイ乗りには便利すぎる!

 

午後になって、ディーラーに愛車を引き取りに行くとタイヤがそろそろ交換時期ですねーと言われた。サーキットでも走っているかのような消耗状態だと指摘され、いやいや、タイヤの隅っこまでも使い切っていないし、勿論サーキット走行は鈴鹿の体験走行のみ、ハードに使う走りはしていない。(つもり) 高速の利用頻度が高い&行った先の峠でたまにヒャッハーするからかなー。ちょっと予算の組み換えを行わなかればいけないなー。

 

さて今日の夜は、埼玉スーパーアリーナにてWBSSの決勝が行われる。

 

以前から注目していた井上選手は、私がこっちに来てからバンタム級に変更した。初戦を太田区で行ったので生観戦、見事に勝利をおさめその結果WBSSバンタム級トーナメントへの切符を手にした。初戦のパヤノ戦は横アリで開催されたことでやはり生観戦。衝撃のKO劇で世界に衝撃を与え、次戦も2RKOで更に衝撃を与える事となった。

 

そして決勝がここ埼玉で行われると言う奇跡。

 

対戦相手は過去最強、世界に7人しか存在しない5階級以上制覇のフィリピンの閃光、ノニト・ドネアである。井上選手とは10歳も年上ながらも未だ現役、WBSSでもその強さを証明してきた。

 

これまで圧倒的な強さで1〜2ラウンドで勝利してきた井上選手と言えども、試合の行方は想像出来ない。しかしながら各専門誌などの予想では、スピード、パワーが勝る井上選手が有利との事で、そんな記事を読むのがいつも楽しみだった。そしてそのような記事は日ごとに増え、いつしか井上選手の勝利を確信すると同時に、苦戦を強いられる試合なんてものは想像出来ないようになっていった。

 

いくらレジェンドと言えど、今一番勢いのある井上選手に敵うはずが無い。今日も序盤のラウンドで見事勝利!その勝ちっぷりをこの目で見ておこう!正直そんな気持ちで見に行った。

 

 

f:id:boulangeriemanna545:20191108005254j:plain

SSAにて。

 

ついにこの時がやって来た!!

 

長くなったので続く...笑