boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

秋の菓子パン❶ 〜さつまいも〜

都内の木々は色づき始め、早いところはイルミも点灯開始、深夜の表参道はクレーン車総出でイルミの設置に忙しい。←10月後半からやっている

今日はクリスマスツリーも多数見かけた。青山通りのエイベックスビル前のツリーは窓から見えるサンタのシルエットがなんとも可愛らしく、紀尾井町ガーデンタワーのツリーはホワイトを基調にした清楚&派手の融合が新鮮だ。

 

日中は雲一つ無い晴天に恵まれ、鮮やかな銀杏の黄色が映えて良かったのだけど、今年はどうも枝ぶりが悪い←そう言えば昨年は大規模な剪定をやっていたなー。

2年おきくらいにやっているのかな?なので今年は綺麗な三角形にならずボリュームが欠けている場所も目立つ印象だった。

 

とは言え、都内の街路樹、公園や建物の植栽はいつも綺麗に管理されていて美しく、大都会東京の無機質なイメージに反して自然も多い。(造られたものだけど)

丸の内、国会周辺、日比谷公園芝公園、皇居周辺、神宮外苑靖国神社、赤坂御所周辺...

明治神宮に至ってはこんな森が人工的に作られたとはにわかに信じ難い。

 

都内でも十分に紅葉狩りが楽しめる所がいつも驚かされるなー。

 

 

さて、そんな秋の気配がグッと深まったところで久しぶりに菓子パンを焼いて見た。

菓子パンと言っても中に詰めるフィリングが柔らかくて甘いので、生地にも少し特徴を持たせて、生地との対比&調和を楽しもうとバターロール生地の変形バージョンだ。

 

このような固めの生地↓

 

boulangeriemanna545.hatenablog.com

 

さつまいものフィリング

 

・さつまいも  100%(種類はお好みで)

・バター    10%

・グラニュー糖 15%

・練乳     13%

 

※芋が100gならばバターは芋に対して10%なので10g

 

さつまいもは茹でてもチンしても焼いても良いと思うけど、ズボラな私は天板に水を張って200℃のオーブンに60分ほど放置。竹串を刺してスーーーと入れば完成だ。

 

芋は熱いうちに皮を剥く。その方が簡単に剥けるし、その後の仕上げも熱いうちに進めた方が味が馴染む。

f:id:boulangeriemanna545:20191117144052j:plain

綺麗な(汚いw)乾いたフキン等を使うと問題無い。現場では素手で毎日のように20キロ単位でやっていたのが嘘のよう...

そうそう、濡れたフキンはダメですよ?鍋を掴む手袋や布にしたって同じ。布が水分を含んでいると、その水分を通して熱が一瞬で伝わり余計に熱い。笑

たまに熱いからと言ってわざわざ濡らす人を見た事があるので念の為。

 

f:id:boulangeriemanna545:20191117144537j:plain

後は全ての材料を計ってウイーーーーン。

芋がデカいのしか売っていなくて←420g

f:id:boulangeriemanna545:20191117144946j:plain

大量に出来てしまった。どうすんだコレ..

 

このまま絞ってもお菓子のスイートポテトとしても十分にいけるとは思います。

 

ちなみに砂糖の量は甘めの配合、フィリングなので濃い目に作ります。芋の糖度や柔らかさお好みで煉乳や砂糖は加減して下さい。

 

完成したら一旦冷蔵庫で冷ます。→味が馴染む、取り扱いし易い

 

その間にパンを作ろう〜。

 

続く...