boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

ヨーロッパ

先日の仕事中、渋谷ストリームエクセルホテル東急から無線での呼び出しがあった。

ナビで場所を確認するとやっぱりあのホテル!一昨年に渋谷エクセルホテル東急に泊まった経験のある私は、マークシティ内のあそこね!と勘違いしてその後大慌て!の苦い経験がある。笑 (駅と直結のあそこは渋谷エクセルホテル東急、紛らわしい...)

 

boulangeriemanna545.hatenablog.com

 今日はそんな経験を活かしてスムーズにどちらのホテルかを認識。今年新たに出来た方の渋谷新南口駅前のホテルに向かった。渋谷新南口に何線が通っていて、何故離れているかも分からないのだけどwこちららのホテルの方が入りやすくて好き。ナビが余計な案内をする物だから初めて行く人は少々戸惑いもあるかも知れないけども、要は裏口の一般駐車場から入って地下に行け!と言う案内だ。

 

こうして地下1階のタクシー専用のエリアに来ると、ディスパッチャーの出迎えがあって予約時間と予約者の氏名を伝えた。ココも好きなポイントの一つだ。

「今お客様が降りてきていますので、そのままお待ちくださいね〜」

後は指示されたところでそのまま待機すれば良いだけとなる。

 

しばらくすると外国人旅行者のカップルが現れた。ホテルのスタッフに案内され、荷物をトランクに入れるとスタッフが「これから新幹線で京都に向かうそうです。品川駅の分かりやすい所に送って下さい。」と適当な事を言う。いや、おっさんは駅の事まではまだよく分からないのでもっと具体的な場所を指示してくれ、と言う言葉を飲み込んで快く引き受けた。

 

品川駅の港南口は少々遠回りになるけど良いかな?そんな疑問が浮かぶけど当人達に確認出来る術は無いし、ホテルスタッフも???の顔だ。

 

 

ま、良いっか 

 

一応自分でチャレンジしてみっかな、と車を走らせる事5分。

 

 

 

 

彼らは英語圏の人じゃ無い事が分かった

 

これはどう聞いてもフランス語だ。嘉門達夫じゃ無いけども、「長ズボーン、半ズボーン」みたいな語尾と、痰を切る時に最初に発する喉の奥で鳴る独特の発声がなんか変。←変じゃ無いw

 

 

何だその発声

 

それはどう言う経緯でそうなった?どうやったら出るんだ?→こっそりトライしている

そもそも日常会話で使うフランス語なんて、ボンジュールくらいしか思い浮かば無い。笑

 

あれ?ありがとうはメルシー?は?いやー、己の語彙力に今更ながら驚いた。料理用語はいくつか知っているくせに、日常会話のフランス語がほとんどと言って良いほど思い浮かば無い。ちょっとビックリの展開だった。←アホ

 

 

 

来年の6月は欧州サッカー選手権が開催される。

 

欧州のサッカー選手にとっては、ある意味ワールドカップやオリンピックよりも力の入る大会。サッカーは欧州発祥であるし、欧州のチャンピオンが世界のチャンピオンである、そんな自負があるからココでタイトルを取ると大きな収穫となる為皆必死。すげー試合の連続だ。←語彙...

しかも来年の大会はヨーロッパ全土が舞台。ヨーロッパ各地で試合が開催される。

 

丁度その頃は、ベビメタがヨーロッパをツアー中だ

 

 

 

     笑

 

来年はヨーロッパか?と思っていた矢先の出来事。

これはちょっと真剣に勉強しないと!と思ったのでした。

 

※フランス人には品川駅到着後、新幹線乗り場の看板を探して必死の形相で指差してココに行け!と体で伝えました。笑

良い笑顔だったな。

 

f:id:boulangeriemanna545:20191215211407j:plain

スーパーで見つけてしまった!

f:id:boulangeriemanna545:20191215211436j:plain

なのでスペアリブを茹でたのです。旨い!