boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

CHUCK/チャック

アメリカのTVドラマシリーズ、現在視聴中のものは「ブラインドスポット」「スーパーガール」wと「CHUCK/チャック」の3本。前者2作品はシーズン2に入ったところで飽きて来て視聴をストップ、何故か「CHUCK/チャック」は珍しくシーズン4に突入してしまった。

 

長丁場の物語に飽きっぽい私が何故見続けたかと言うと、主役の恋人と実の姉以外取り巻きの連中が

 

 

ほぼ全員アホだから 笑

(特にモーガンw)

 

見初めた頃はなんかちょっと古いノリだけど逆に新鮮!って感じで後で調べてみると実際に放映されていたのも10年近く前、アメリカのコメディ特有のベタなノリがこの時期だからこそお気楽に見る事が出来る。生活が一変してしまってあれこれ考え過ぎ&他者が気になり過ぎる今だからこそ楽しめるのでは?と。

 

主役であるチャック役は以前記事にした「シャザム」の俳優さん。←シーズン4で気づいたw

 

boulangeriemanna545.hatenablog.com

 

物語は、家電量販店に勤めるオタク集団の一人チャックがひょんなことからスパイになって活躍するお話で、前半はヒロイン役である超絶美女エージェントとの叶わぬ?恋が中心に描かれている。そのありがちな展開をことごとく壊す周囲のアホっぷりがもう笑わずにはいられない。

 

また、この作品は80年代〜90年代の映画やアニメのオマージュ的な場面やパロディも多く、音楽もモロに私世代向けで監督さんは古き良き時代のロックを愛しているのが良く分かる。ダイハードに登場した黒人警官のパウエルがそのまま警官役として登場したり、ドルフラングレン(ロッキー4)、ブランドンラウス(スーパーマンリターンズ)ティモシーダルトン(007)、ルーダイヤモンドフィリップス(ヤングガン)、リンダハミルトン(ターミネーター)などの有名どころが知れっと出演する楽しさもある。

 

ちなみにチャック役のザッカリー・リーヴァイは「塔の上のラプンチェル」でフリン・ライダー役では声での出演。劇中の歌「輝く未来」はアカデミー賞謡曲部門にてノミネートされた実績もあるほど歌もお上手。191センチの長身で普通にしていたらとてもハンサムな役者さんだけど、映画に出ると途端にアホに見える細かい所作&動作&豊かな表情。

脇を固める役者さん達も日本ではほぼ無名なのだが、皆個性的で各役所が強烈に印象に残ってしまう見事なまでの演技力。

 

笑いが7、残りの3割にサスペンス、アクション、推理、恋愛、家族愛、感動を詰め込んだような楽しいドラマ。舞台はほぼLAで長丁場なので、ちょっとだけその土地の生活感なんかも見て取れるとろも興味深い。舞台となる家電量販店で売っている物、チャックファミリーの部屋のインテリア、あちらの人間関係の構築の仕方とか街の様子とか...

 

見始めた頃はレンタル料金を払ったのに今では最新作のシーズン5まで全てが無料になった。

(シーズン5で完結の模様)

籠もっているとモンモンとして来るのでお笑いのスパイスがこの時期良い感じです。

 

一番アホなモーガンによる「ダイハード」のパロディシーン。

 テープを広げる時の音楽と怪我した足のアップwww

このベタな感じに好感を持てる人は楽しめる事間違い無し。

 ここに至るまでの緻密に計算された過程も含めて楽しめる所がこのドラマの凄さ。あれが伏線だったんだ!って毎回斜め上からの伏線回収が楽しみになります。

 

 

f:id:boulangeriemanna545:20200505024859j:plain

MIYAKO HOTELより。

 

LAが舞台の犯罪物ってやたらと多いのだけど←それくらい犯罪発生率が凄いみたい

海と山が近くにあり気候も良く明るくて陽気な雰囲気と混在している所がまさに映画の街!って感じだったLA。来年こそはメジャーリーグを観に行きたいな。