boulangerieの暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

何でもあり❷

都民じゃないけど仕事中は嫌でも耳にする都政の事。

ここじゃ書けないような内容も多く、個人的にも豊洲移転あたりからあの人の動きは無視できない所があって見ていると楽しめる。あの心此処にあらずの会見は何故そう感じるのだろう?


boulangeriemanna545.hatenablog.com

言ってる事とやっている事が無茶苦茶で、結局あれから何かやったのかな?と思っているのに露出が多くメディアには好かれている?印象で、その部分にも興味があって買ってしまった「女帝 小池百合子Kindle版。←人気で書籍は売り切れらしい

 

書いてある事が事実とするならば

 

なるほど納得の内容だった どおりで...

 

本が話題になった時点では彼女の持ち上げ記事かな?と思っていたけど、違うと知って即購入←性格悪っ!

 

書いてある事が事実とするならば

 

確かにこの手の人はどの業界にも(飲食業界にも)いるよな〜。

 

本の内容は、彼女について調べて行くうちに嘘が多い事に気付いた著者が生い立ちから現在に至るまでを綿密に取材、虚構で成り上がった的な仮説を検証しているような作品なのだけどもフィクションとして見ても面白い。良い暇潰しになった。

 

 

書いてある事が事実とするならば

 

 

この手の人は、実際に彼女の場合は都知事になっている訳で、飲食業界にも多い眉唾物の人物にしたってそれなりの地位は得ていて成功者とも言える部分においては、それも一つの才能であるし並大抵の努力では実現不可能な事を成し遂げている。だからいつもそんな人を見ると、自分とは全く違うタイプだし嫌いなタイプではあるし、生き方としては全く見本にはならないのだけども、ビジネスにおいては尊敬に値する。

 

 

ただ、嘘はいかんな〜。

 

 

とは思います。

 

東京ってやっぱり凄い街!と思う一方で、所詮虚構か?劇場なのか?

振り回されないように注意しよう〜。

 

f:id:boulangeriemanna545:20200617003315j:plain

宇都宮で餃子を買おう!と思っていても結局SAや店には立ち寄れなかった前回のツーリング。

なので久しぶに包んで見た。

 

豚肉とキャベツは1:2、キャベツは塩もみして水分をしっかりと抜く。

後は味付けだな。(醤油、オイスターソース、紹興酒、出汁の素少々)

 

それから昨年からハマっている枝豆。冷凍ものもあるけどやっぱり自分で茹でた方が旨い!

 

麻婆豆腐は自分の中ではほぼ完成してしまった。

f:id:boulangeriemanna545:20200617004031j:plain

自家製ラー油と山椒で本格的に。

豆板醤と甜麺醤のメーカーを変えたら別物になったけどこれは許容範囲。

挽肉や豆腐、生姜やにんにくの分量は固定化され配合の変化による影響もつかめて来たぞ〜!