boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

チキン南蛮

急に食べたくなったチキン南蛮。下準備を確認するために前回作った記事を確認すると割と基本に忠実に作っていたので驚く。笑

 

boulangeriemanna545.hatenablog.com

何度も書くけど調理師とは名ばかりで料理に疎い私。調理作業に慣れてはいるが腹が減るたびにきちんと作っている訳でも無い。と言うことでシンプルなやり方が無いかな?と思っていて見つけたのがこちらのレシピ。

 

ちなみにチキン南蛮とは宮崎県発祥の鶏肉料理。とある洋食店の賄い飯から商品化したもので、タルタルを付ける?付けない?胸身?モモ?など諸説ある様だが、地方発祥の料理がここまで全国的に定着しているのはよくよく考えてみると珍しい事案では無いだろうか?記憶を辿るとホカ弁が分裂する以前からの定番メニューで、ホカ弁と言えばチキン南蛮!と周囲が口を揃えるほど昔から人気だった覚えがあるのだが母親に作ってもらった記憶は無い。福岡(九州)の人は辛子明太子をたまにしか食べないのとちょっと似ている。←違うw(高価だからです)

 

そもそもこの料理は揚げてから甘酢漬けにすると言うただでさえ面倒な揚げ物に一手間加わる事とタルタルソースを作る為にもあらかじめ茹で卵を準備する必要があるなど手間が掛かる。

なので家庭での調理率は低いくせに弁当界隈では人気商品と言う不思議な現象になったのかな?などと考えながら今回は胸身を使用して調理に取り掛かった。

 

スライスした鶏肉に軽く下味(塩)、薄力粉にまぶしてたっぷりと卵液に付け多めの油を敷いたフライパンに並べる。

f:id:boulangeriemanna545:20210112005316j:plain

 

 卵多すぎw(2個使用)

 

f:id:boulangeriemanna545:20210112005550j:plain

中火で加熱する事2分ほど良い感じに焼き色がついて来た。しかし卵が多すぎたせいで多めに投入した油は全部吸ってしまった。オリーブオイルにしておいて良かったな。

 

f:id:boulangeriemanna545:20210112005822j:plain

卵に焼き色が付くのが早いのでお肉への火通りが心配で火力アップ。その後にタレを投入したらあっという間に蒸発してしまった。笑

動画のレシピ通り作ったのだけど設備や道具、火加減次第で状況は変化する。もっとタレを多目に作れば良かったのか?火加減か?この辺の加減は鶏肉の大きさにもよるので各自で調整だ。

 

f:id:boulangeriemanna545:20210112010255j:plain

急遽弱火に変更後、中までしっかりと火を通しておきたかったので更に火を消して蓋をして予熱で火を通す。トータル5分以上は加熱したい。

 

f:id:boulangeriemanna545:20210112010513j:plain

食べやすいようにカットして

f:id:boulangeriemanna545:20210112010550j:plain塩&胡椒で味付けしたスパゲティの上に盛り、タルタルとネギをトッピングしたら完成だ。

 

前回作った時のようなパリッ!とした感じは減ったけどこれはまさしくチキン南蛮。甘酢を吸った卵液が風味に一役買ってくれてこれだと揚げる必要が無くなって良いね!

 

あと2枚あるので食べてしまおう!!笑