boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

アイスホッケー映画三本

先日挙げた記事にて触れたアイスホッケーを題材にした映画三本。どれも異なる描き方で個性的だが取り巻くホッケー選手の描写に関してはほぼ一致。

 

 そこにはガサツでデリカシーのかけらも無い荒くれ者達が登場します。

そのくらいで無いとやっていけない世界だよなーと思いつつもまずはこちらから。

 

「スラップショット」

1977年のアメリカ映画で監督はあの「明日に向かって撃て!」や「スティング」のジョージ・ロイ・ヒル。しかも主演はポール・ニューマンって事でこの時点で名作認定。←個人的にw(USJには当時「スティング」で使用された映画のセットがしれっとあるのでファンの方は是非)しかしこの映画は今時の物語に慣れている方から見るととても不評で、それはダラダラと見せるチームの裏事情に原因があるのだけど、その上映像も古いし&上映時間も長くラストが???状態であるのだから当然か?

 

物語は最下位の北米プロアイスホッケーチームがひょんな事から復活する様子を描いているのだけどその裏にあるドラマにこそが見所。チームの解散危機&選手生命&会社の事情などを通して引退間近のキャプテンの苦悩を哀愁たっぷりで魅せる名優ポール・ニューマン。また、「明日に向かって撃て!」や「スティング」の有名なラストシーンとはまるで異なる予想外のラストにこそ監督さんの表現したい事があって、あの独特のエンディングだからこそ心が浄化されるかのようになる不思議。公開当時は何かの同時上映として劇場で鑑賞したのだけど、ひょんな事と共に幼心にも人間ドラマが強く印象に残っている作品です。

そのひょんな事とは劇中に登場するかの有名なハンセン兄弟。カバンにおもちゃを詰め込んで乗り込んで来た彼らをある試合で仕方なく起用すると大乱闘となり会場は大盛り上がりとなりました。

映画以降彼らは伝説のヒーロー&現在もその人気は継続中。笑

ポール・ニューマン自身も一番好きな映画と語る「スラップショット」は後世に残る名作と言えるでしょう。

 

「栄光のエンブレム」(原題 ヤングブラッド)

1986年のアメリカ映画。アイスホッケーを目指す青年を描いた直球ど真ん中の青春映画。1980年代は他にも「アウトサイダー」や「セント・エルモス・ファイヤー」と言った青春映画真っ盛り。「栄光のエンブレム」を含めたこれらの青春映画三本の出演者をザッと見ると...

ロブロウ、シンシアギブ、マットディロン、パトリックスウェイジ、エミリオエステベストムクルーズ、ダイアンレイン、デミムーア、キアヌリーブスと言う具合に皆後の大スターばかり。彼らの若々しい時代の初期作としても見応えがあります。

 音楽もいかにも80年代!このドラムの音とシンセの音で一瞬のうちに記憶がタイムスリップしてしまう。(さて、キアヌはどこにいるかな?)

 

なんかどれも似ているけどw

 ついでに出来て来たスターシップ。(笑)いやー懐かしい。 

 

話を戻して...

映画の方は前述したように直球ど真ん中の青春映画。一時成功w→挫折から復活と至ってシンプルですがチームでの友情と愛くるしいシンシア・ギブとの恋愛も見所で、だって、チーム監督の娘だったのね!って所でさて如何に。

 

ラストは

「俺たち喧嘩スケーター(原題 Goon)

 

もうこれはね、邦題つけたやつ出てこい!案件。

 

2011年のカナダ映画。スポーツコメディで知っている俳優さんは1人もおりません。

物語は飲み屋の用心棒として働いていたダグがたまたま地元ホッケーチームの乱闘要員としてスカウトされ大活躍!と言う、タイトルからしてドタバタ喜劇を想像するかと思うんですが純愛ラブロマンス部分が想像の斜め上だった。ダグはここぞの場面において腕っぷしは強いがそれ以外はとても静かな天然キャラ。温厚で誰にで優しくおっとりした性格で普通とは真逆の設定が新鮮!と思っていたら、実はこの人、実在のモデルがいるんですね。原作は2002年のノンフィクション小説Goon←用心棒として雇われたやくざを意味するらしい。

 

コメディとなっているのだけど、笑える部分はダグの天然な部分で本人にしてみれば至って普通の言動。父と兄は優秀な内科医であるためいつもどこかに劣等感や疎外感を感じていて唯一見つけた生き甲斐のある場所が乱闘要員であった。やがてチーム内での監督やルームメイトとの確執や葛藤も出て来るが持ち前の純粋な優しさで乗り切っていくところが最大の見所でこの映画は普通に楽しい人間ドラマ。一見荒くれ者達ですが、強さと優しさは相反しないんですね。ちなみに3シリーズ出ていますがamazonでは1だけ視聴可能。これも日本未公開&隠れた良作でした。

 

f:id:boulangeriemanna545:20210227111843j:plain

台湾メロンパンがなんだかブームの中、今日は台湾カステラなるものを。