boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

海と富士山〜伊豆ツーリング〜❷

前回の記事、写真が一部時系列では無かったので改めて書くと

f:id:boulangeriemanna545:20210420013140j:image

最初に目指したのが大瀬崎神池でこの写真。

f:id:boulangeriemanna545:20210421045503j:plain

大瀬崎

f:id:boulangeriemanna545:20210420013707j:image

それから沼津土肥線にある夕映えの丘から撮った写真がこちらで

f:id:boulangeriemanna545:20210420013834j:image

どちらも似た地形でスマホのサムネイルだと分からないんだよね。←老眼w

f:id:boulangeriemanna545:20210421045800j:plain

戸田港

こちらは駐車場完備の展望台からの眺めでビュースポットとしても最高。

 

さて、土肥に入って蘇って来た前回訪れた時の記憶。そうだ!この辺に泊まったんだ!

 

boulangeriemanna545.hatenablog.com

 これはこれで良かったのだけども今回の宿泊地は河津桜ツーリングで味を占めた伊東園ホテルズグループの西伊豆クリスタルビューホテルに決定。勿論

 

飲み放題狙い

 

同じシステムでネットの評判も良かったので即決です。←今回はブッキンコムで探した後、公式ページより予約した(無料会員登録必須)

 

目立つ場所にあって見覚えのあるホテルに到着、例によってバイクは玄関先にベタ付け。予定時刻ジャスト16:00にチェックイン!!

f:id:boulangeriemanna545:20210421050543j:plain

翌朝見るとバイクがあと2台増えていた

f:id:boulangeriemanna545:20210420015100j:image

まずは自販機でいっぱい→浴衣に着替える

おひとり様は大体山側&和室が鉄板。←全然OK

f:id:boulangeriemanna545:20210421050722j:plain

最近部屋着に欲しい浴衣

鹿🦌を見ながらちょっと一息。

f:id:boulangeriemanna545:20210420015236j:image

アップで。その後夕飯まで大浴場にて過ごすのがいつものスタイル。

f:id:boulangeriemanna545:20210420020540j:image

前回のホテルと違って館内は広々として良い雰囲気。ネットで見るともっと昭和臭が濃かったのだけど驚くほど綺麗な状態が保たれているし

f:id:boulangeriemanna545:20210420020811j:image

露天風呂付きの大浴場もやたらと広くていかにも後付けな無理な改修の痕がない。←お部屋も同様

ただ、コンセントの位置や数を見れば一目瞭然。これが今時のホテルだと定位置と枕元にUSB電源であったりします。

f:id:boulangeriemanna545:20210420021717j:image

しかし大浴場周辺やフロント周辺は広々フリースペースが沢山あってボーッとするのに丁度良い。こうして最速の18時を待ってバイキングに突入。お気に入りの静岡の日本酒あらばしりもあって呑みっぱなしの70分が終了。前回同様に入り口にて消毒、ビニール手袋をもらってかなり広い宴会場でのお食事。全盛期は結婚式専門のホテルだったらしく(推測)とにかく広いので密はしっかり避けられる。当日は家族連れがチラホラ+カップルや少数組がメイン、その次にご高齢の団体が多くおひとり様は3組ほど見受けられた。前回と違ってフリースペースに人がいないのが意外だった。

f:id:boulangeriemanna545:20210420021822j:image

ヘロヘロになりながらもお散歩がてらお部屋に戻る。

f:id:boulangeriemanna545:20210420022156j:image

恐らくこのフロアーは私だけ。←なんかシャイニングを思い出して怖い人

 

食事はバイキングなのでつまみにはなるが夕飯としては...な感じ。正直前回の「おもいで野 じんで」の食事が圧倒的にクオリティが高くご飯粒まで旨い!最高の会席だった。しかしホテル全体のサービスとして見ればやはり今回のホテルの方に軍配が上がる。泊まった満足感はこちらの方が大きいだろう。私の場合、行った先で滞在(&酒)が目的なのでこう言ったクオリティの差も楽しいのだが連れがいるならばこちらを選ぶだろうな。

 

続く...