boulangerieの暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

ラジオ

勤務中の車内はいつもつけっぱなしのラジオ。引きこもり気味の私にとっては貴重な情報源の一つで、仕事に必要な道路交通情報、天気予報、公共交通機関の情報は勿論の事、世間の流行りも何となく分かるのでとても便利。(聞くのはお客さんが乗っていない時だけ。←これは日本交通のお決まり)そのいつも聞いているラジオ放送、ニッポン放送保守系(右寄り)、文化放送はリベラル(左寄り)とキッパリと分かれている所も面白い。今は右とか左とかは定義しにくい状況ではあるけども前者が改憲派のゲスト(コメンテーター)が多く後者は護憲派が多い。そして同じ車両を使用している相方は文化放送派だ。←関係無い

さて、私がいつも夕方まで聞いているのはニッポン放送。この時期になるととあるCMの新作がいつも楽しみなのだけども、今年の新作の

 

 

(ゴレンジャーのリズムでどうぞ)

♪ズンバラバンバンバン

 

   ズンバラバンバンバン

 

ズンバラバンバン

ズンバラバンバン

 

        

   ズンズンズン

 

と言う変速ゴレンジャー風楽曲が頭から離れず困っている。笑

動画まだありませんでしたので本家を。

この本家ラストの「バンバラバンバンバン」が「ズンズンズン」 と短くなって突然違うリズムになるところがポイントの一つ。本家世代の私は余計に印象に残ってしまう。短い時間でいかにインパクトを与えるか?視覚的に入る情報が無いラジオCMはテレビとはまた違った面白さがある。ズンバラバンバンバンズンバラバンバンバンズンバラバンバンバン......

書いている間も、もう!

 

そのCMの主は金鳥さん。金鳥シリーズはラジオドラマ風が長い事続いた年があって、今年もちょっと期待していたらコレで、良い意味で期待を裏切られた上に見事に洗脳されてしまったと言うくだらないお話し。

 

ところでその金鳥のラジオドラマ風。 

 毎年この大沢くんと高山さんの淡く絶妙なやり取りが毎回「ムフフ」 となって仕事中の緊張の緩和になっていた。

 

どこまでも純情で弱気なw大沢くんと

純情な素振りでそれをもてあそぶ高山さん。驚愕のラストは大沢くんの将来が心配にさえなるw

 

関連動画に出て来たこちらのシリーズもなかなか良かった。

可愛らしい子供の声とセリフ内容とのギャップが素晴らしい。笑

ラジオ特有の世界観、今はラジオを聞く人は少ないだろうとネタにして見ました。

 

ちなみに今はスマホアプリでもラジオ放送を聞く事が出来る。ただし無料で聞く事ができるのは地元の番組だけで有料版になると全国のラジオ番組が聴き放題となる。→radikoなど

1週間前の番組であればアーカイブも残っているのでたまに家でも聞いています。

 

f:id:boulangeriemanna545:20210623102936j:plain

ド派手カウンタック

西麻布付近で移送していた所をパチリ。

東京ならではだな〜。