boulangerieの暇つぶし

元パン屋で都内タクドラの雑記。パン、料理、音楽、映画、インテリア、バイクネタがメイン。一人でも楽しくやろうぜ!って話。

フードプロセッサーで作るドーナツ ❶

家にあるシンプルな材料で「甘い物食いたい!」欲求を満たす為に作ったドーナツ。簡単で美味しかったのでご紹介。ちなみにドーナツの基礎情報はこちらから↓

boulangeriemanna545.hatenablog.com

今回ご紹介するのはイーストドーナツの基本を若干家庭用に改良したバージョン。

 

配合

 

・強力粉      140g

・薄力粉       60g

ドライイースト   4g

・塩         3g

・砂糖        10g

・バターorマーガリン 24g

・卵         30g

・水(冬はぬるま湯) 90g

 

下準備

作業開始前にイーストを仕込み水の一部(40℃くらい)で溶いておく←発酵促進

卵は全卵をしっかり溶いたものを計量して使用するか、卵黄×2個を使用して計量、30gオーバー分は仕込み水を減らす。

 

仕込み開始!

下準備が整っていたらあとは簡単。

計量しながら

フードプロセッサーに計量しながら材料を投入。

 

長年愛用している例のやつ

スイッチを入れると生地がすぐにまとまって中央に寄って来る。パワー不足で回転力も低下したところでストップ。

ざっくりで良い

捏ね上げ温度は28℃だった

フードプロからカードなどでボールに移す。手にサラダ油などを塗って軽くまとめて発酵開始。出来ればホイロ機能(うちの場合は35℃)のオーブン、なければ温かいところで30分発酵させる。

膨らんだかな?くらい

30分後に生地を一旦潰してガス抜き、再び軽くまとめる(パンチ)。更に30分発酵。

約1.5倍に膨張

50〜52gに分割

分割された生地は手のひらで押し潰すようにして優しくガス抜き後丸める。

軽く霧吹き&ラップでベンチタイム

丸め終えたらベンチタイムを20分。生地にとって乾燥は大敵、濡れ布巾やラップで対策を。

成形後はオーブンシート上で発酵

ベンチタイム中に(一辺約10センチ)カットしたシートに丸め再び(成形)。60分発酵させます(2次発酵)。

 

一次発酵or二次発酵の間にカスタードクリームを作る(作業時間10分)

 

材料

 

・牛乳  125cc

・卵黄   2個 (生地作りで余った卵はここに追加OKだけど卵黄のみの方が味が濃厚)

・砂糖   38g

・薄力粉  15g

・バター  5g

 

1.卵黄と砂糖を混ぜ合わせる

砂糖が溶ければOK!

♪カチャカチャカチャ...

2.薄力粉を入れ混ぜ合わせる

粉は振るいましょう

ボールの下には計量器、計りながらの作業。

全体が馴染めばOK!

3.牛乳を沸かす

量が少ないのですぐに沸騰、目を離すべからず

全体が膨張を始めたら火を止める。

4.2に沸いた牛乳を入れ

一気に行っちゃって下さい

5.サクッと混ぜ合わせたら再び鍋に戻す

ボールについた材料はゴムベラで丁寧に拭う事!

6.液体を炊いてクリーム状になるまで攪拌開始。

中火にかけたら手を休めない!

鍋底の縁に沿って2〜3回←大きく円を描くように

中心部分で2〜3回←小さく円を描くように

コレを繰り返し鍋底にクリームの一部が滞留して焦がさないように、常にクリーム全体が動いているのを意識して混ぜましょう。しかし心配するなかれ、この量だとあっという間に完成ししてしまう。

好みでバター5gを混入

香り付け+固さ調整、滑らかに仕上がります。

バットへ移す

薄く伸ばしてラップで包む

冷やし方は仕込む量によって色々。量が少ないのでこのまま最初の5分冷凍庫→粗熱取れたら冷蔵保存、家ではコレが一番簡単かなと。

 

さてさて、生地が良い感じに膨らんで来た所で次回へ続く。

 

天板ごと優しく揺らした時に、生地がポワン、ポワン又はプルン、プルンと可愛く小刻みに震える事が一つの目安。

 

 

 

 分かり難い

 

笑。