boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

せめぎ合い

タクシーの料金は1.052Kまでは¥410。以降237m毎に¥80の加算となる。

運行速度が10K以下になると、90秒毎に¥80加算される。

 

運行中は停止や発進を必ず繰り返すので、常に時間と距離の併用で加算される。

 

ただし例外があって、高速道路に入ると運転手が「高速」ボタンを押す事で、時間の加算をストップさせる。

 

高速は渋滞にハマると逃げ場が無い。そんな状況で停止している時に加算されたら嫌だからね。😅

 

で、タクシーのメーターにもよるが、うちのタクシーは、料金が加算される少し前から、横に3つ並んだ点線が一つづつ消えていって、最後の線が消えたら、はい!加算な!となる。😂

 

感覚的に5mかなー?5m進むと、点線が一つ減る感じ。

 

ホテルやマンションなど、目的地の降車場が明確な場所なら問題無いのだが、〇〇の交差点とか、〇〇の前までと言われると、目的地周辺に近づくと、どの辺りにお付け致しますか?の質問で、詳しく降りたい場所を聞く必要がある。

 

交差点と言っても、手前か、直進して渡った所なのか、左折してすぐなのか、右折してすぐなのか...

 

お客さんによっては、こちらが聞く前に、事前に詳しく教えてくれる人もいる。

運転経験者で、他人に普通に気遣える人だ。😅

 

都心の交差点は、黄色の線で区分され、進路変更禁止➕警官の監視が多い。流れが早い道路では、かなり前から確認しておかないと、お客さんの希望の場所に辿り着けない。

 

そんなこちら側の状況も踏まえて、聞かれる前に教えてくれる優しい人。😄

 

ただし、確認したからと言って、希望に添えない事も多い。停めたいところに駐車車両がある、強引な割り込みがある、右左折専用レーンで後続車の流れを停める場合などなど...後ろから鬼のクラクション😅

 

加えて、前述した3つの棒だ。笑!

 

降りたい場所が分かったら、そこに安全に停められるか確認すると同時に視界に入る点線。

 

停めた瞬間に料金が上がりそうなタイミングで、あーこの人文句言いそうだ!の場合が一番緊張する。笑!!

 

絶妙なタイミングで止まり、加算を免れたと思って「支払い」ボタンを押した瞬間に、カシャン!と加算。😭

 

加算を免れて、よっしゃ!と思ったら、もう少し先だろ!と言われる。😭←色んなパターンがある。

 

本来こちら側がメーターなんて気にしたらいけないんだけね。←危ない

せっかくだから上がる前に停めたいんだよね。

金額の問題では無いんだけどね。

 

最近は気にせず停めて、加算したら、¥80円戻す作戦。面倒くさい。😅

 

あー!上がっちゃいましたね!←笑って誤魔化す。←探りを入れる。笑!←私のせいでは無い

 

でも、たまーに、すっげー喜ぶ人を見ると、嬉しくなるのです。^_^

 

f:id:boulangeriemanna545:20171130221344j:image

 

赤坂御用地 是清公園前から。