boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

歌って踊る?

1〜2年前から流行りの兆しを感じていたアプリのTikTok。ユーチューブ見ていると広告がウザい。笑

 

ティーネージャー中心に流行っていたものが、最近はおっさんも参入していると言う。

 

以前娘に聞いたらやはり流行っているとの事だったのだが、何が面白いか分からない人も多い模様。特に私と同世代の人達は意見が大きく分かれる事だろう。

 

でも同世代の人達には若かりし頃を振り返って欲しい。思わず身体かうずく楽曲を聞いた時、アーティストを真似た行動を取った人も多いと思う。

 

ホウキやモップをギターに見立て、バケツをドラムにして、簡単なステップを真似して、ぎこちない無いターンをし、さも歌っているかのような口パクを友達同士でやった記憶があるはずだ。

 

慣れてくると曲の節目節目にギャグが入る。決めポーズに変顔、歌詞に合わせたボケは鉄板だったでしょ?

 

ミックとボウイの「ダンシングインザストリート」、フィルコリンズの「恋は焦らず」、a-haの「テイクオンミー」、ブルースブラザースの「Everybody Needs Somebody to Love」...歌詞はおろか振り付けやセリフまで今でも覚えている。

 

当時は内輪で盛り上がってそれがただ楽しかっただけの事なんだけども、今はそれを世界に発信して、色んな人達と共有出来るようになった。

 

あくまでもローカルと言うか内輪ネタだった事が、ちょっとした事で大勢と共有、共感出来る時代。なんか不思議な世界だなあーと思うのでした。

 

当時は見てもらいたくてやっている訳でも無いのに、友達同士で息がピッタリ合うまで何故か練習していた。その過程が面白くて、曲に動きや口パクがハマった瞬間の達成感を得ると言う完全に自己満足の世界。

 

アプリのようにスローモード見たいな物が無いので、繰り返しレコードに針を落としてやっていた懐かしい思い出。

 

形が変わっただけで、やってる事は今も昔も一緒だな〜と感じるのでした。

 

誰にでもありそうな密かに楽しかった出来事があって、それが技術革新でビジネスになる時代。

 

消しても消しても出てくるTik Tokの広告を見ていて懐かしい思い出が蘇ったのでした。

 

福岡のタクシー?か何かは、お客さんが無料での利用を目指すそうだ。収入は広告費らしい。詳しくは良く分からないんだけども、その先がどう言う展開になるのかがとても気になる。

 

そのうちタブレットが本人を特定、解析。その人に最適な広告を至る所でズラリと発信。映画マイノリティリポートでもそんな場面があったなー。個人的な趣味、趣向が筒抜けだ。気をつけよう。←何を?

f:id:boulangeriemanna545:20180917145524j:image

コンビニで引き換えて来た。便利、便利。もしかして前から13列目?まさかね。今度は映るかも?←そこじゃ無い