boulangerieの暇つぶし

元パン屋で都内タクドラの雑記。パン、料理、音楽、映画、インテリア、バイクネタがメイン。一人でも楽しくやろうぜ!って話。

悪のクロニクル

韓国映画の「悪のクロニクル」を見た。

 

物語

 

誰からも慕われる上司の鏡とも言うべき警察署の課長は、ある日帰宅中に襲われ正当防衛の末に犯人を殺してしまう。昇進を目の前にしていた課長は事件の隠匿を思いつくのだが...

 

とういうような内容で←ちゃんと書け

自分で犯した殺人を自分で指揮して捜査する辺りの苦悩や、やがてその事件は仕組まれた罠だったとなってからの展開が面白く、地味でありながらも出てくる俳優さん達の見事な演技で最後まで楽しく見終えた。

 

感想

 

冒頭の課長が犯した事件のシーンは言わば保身の為の軽率な行動だった。ここで騒ぎを起こせば昇進が無くなる。捜査を知り尽くしている警察の課長にしてみれば証拠隠滅は簡単。このような時の迷いと判断&選択は常日頃から行われていて、簡単だからと悪い選択をするとそこから先は苦難の連続だ。嘘を嘘で塗り固め、やがて破滅の道を歩み出す。映画はそんな破滅への道のりから、そもそも何故罠に嵌められたのか?と言う復讐劇へと話が変わっていく過程が実にお見事!

 

それと韓国映画は夜のシーンや雨のシーンの演出がいつも綺麗なんだよねー。

ど定番の撮影技法なのだろうけども、暗いシーンでもそこに映るすべての物や人の色が鮮やかで美しい。音楽の選択やBGMもいつもとても良く合っている気がするなー。

 

この、良くも悪くもハリウッド化と言うのは確かに賛否両論あるだろうけど、状況説明や情景を映像で素早く表現するためには王道のやり方で基本技術のような気もする。

 

後、この映画に出てくる俳優さん達は皆韓国特有の顔立ちで、いわゆる一重でつり目がちな雰囲気なのだけども、近年の整形かな?見たいなやたらと整っている役者さん達よりもずっとカッコ良くて個人的にはこちらが好み。それでも間近で見たら超絶イケメンには間違いないのだろうけどねー。

 

そう言えばまだ東方神起が売れる前に以前やっていたSCに来ていて、こっそり店の前を通ってお忍びで退散するのを目の前で見た事があった。普段見ているイケメンとは全く違った次元のイケメンで皆んなカッコ良かったなー。

 

ちなみに江頭2:50も帽子かぶった私服を見るとイケメンなんすよ?

 

f:id:boulangeriemanna545:20200111192024j:plain

最近縛ったやつがどこにも無くて...

f:id:boulangeriemanna545:20200111192101j:plain

自分で縛って今年3本目の焼豚ー

f:id:boulangeriemanna545:20200111192147j:plain


からの焼き豚丼。仕上げにバーナーで炙ると旨いんだ!これが!!