boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

マンハッタンというパン

全国にはその地方ならではのご当地パンが数多く存在する。その中でも、福岡のリョーユーパンが販売する「マンハッタン」はネットの普及で割と有名なんじゃ無いかな?

 

f:id:boulangeriemanna545:20190108003632j:image

f:id:boulangeriemanna545:20190108003617j:image

リョーユーパンHPより。

 

子供の頃は近所の小さな〇〇商店などでお菓子を買ったりしていて、そんな〇〇商店にあるパンコーナー。昔は良く食パンを買いに行かされていて、その時についでに買う菓子パンが楽しみだった。あんぱん、クリームパンに加え、ジャムパンやピンク色のウエハースが付いた三角のやつ←あれなんて言うんだろ?

などの定番に混じって必ず置いてあるのが「マンハッタン」だった。

 

小学生の時くらいは柔らかい菓子パンが無くなっていて仕方なく買っていた記憶があるマンハッタン。中学に入り売店でパンを購入する頃になると、ハムやチーズ、ウインナーやマヨネーズが入った調理パンが大人気となり、やはり人気のパンが無くなって仕方なく買っていた記憶がある。

 

 そんなマンハッタン、登場時期はミスドなどが全国に広まりつつある時代。最初は洗練された都会の味!見たいで人気となっていたはずなのだが、パン=フワフワで柔らかいイメージが強すぎて、マンハッタンは第三候補位で買うパンとなっていた。←個人的に

 

しかし!

 

忘れた頃に食べるマンハッタンはいつ食べても「やっぱり旨い!!」パンだった。結局こうして食べ続けて40数年。今も昔のパッケージのまま販売されていて、福岡出身者の代表的な故郷の味となっている。

 

そして先日、ファミマでチョコが付いたオールドファッション食べて思い出したんだよね。

 

で、作ってみよう!と。

 

一応作り方を調べたのだけど、それっぽい記事は見つける事が出来なかった。案外知られていないかもなー。マンハッタンを知っている人が見たらとても感動する事だろう。笑!!

 

ついに暴かれるマンハッタンの秘密...

そこには驚くべき真実がっ!!!!

 

下準備

 

まずはクッキー生地を作る。
boulangeriemanna545.hatenablog.com

 ちゃんとしたクッキーじゃなくて、メロンパンの上生地で良い。

出来たらラップに広げて冷やす。

 

パン生地を作る

 

パン生地とクッキー生地を合わせる

カットして、伸ばして、ひねって輪っかにする。

 

最終発酵を取って揚げる。

コーティング用のチョコを準備する

冷めたパンにチョコ付けて完成〜。

 

こうやって記事にすると、案外手間が掛かるマンハッタン。作り方を見たら分かるように、クッキー生地とパン生地を合わせて揚げているんですよね。

 

これはまるで近年のハイブリッドパンではないか!!

 

ハイブリッドパン→異なる文化や性質の物を複数合わせて今までに無かったジャンル(商品)となる事。→勝手な解釈です。笑

デニッシュと食パン、プリンと菓子パン、高級な食材との組み合わせとか今では当たり前のように色んな商品が出回っていて、今日見たテレビではお茶とチーズとか言ってたなー。

 

そのハイブリッドな組み合わせを、このマンハッタンは40年以上も前からやっていたんですよね。

 

マンハッタンすげーーーーーーーーーーー!!!!笑

 

福岡に行った際は是非!!

 

もしくは1個250円くらいで販売し...  ←ダマれ  

 

只今動画作成中。続く...

f:id:boulangeriemanna545:20190109214751j:plain