boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

影響されやすい人

せっかく日本で開催されているのだからと見始めたラグビーワールドカップ

ニュージーランドVS南アフリカ戦でようやく基本ルールを理解して、空港へ送った例のイギリス人wと明日は日本戦だよな!なんて話で盛り上がり、ようやく録画していた日本戦を見たのが結果が出ている20時時過ぎ。

 

全ての情報をシャットアウト、ビールはたんまりと用意してある、宴は整った。

 

開始から3分30秒までの激しい攻防&早い展開に、一気に試合に引き込まれてしまった。

 

アイルランドの白のヘッドギア(?)の人は、ボールを拭く係のマークなのか?←違う

日本の最初のペナルティゴール、あれは静まり返り過ぎだろ!

田村優ブームが来るな、これは。

などと相変わらず関係無いことも気になりつつ、格下?のはずの日本が前半じわじわと追いついていく様子を見ているうちに観戦ボルテージが上がって行く。

 

ラグビーワールドカップ

開催は早くから分かっていたのだけど、正直日本でやって盛り上がんのか?という気持ちもあった。もともとテレビ中継も少ないし、五郎丸ブームもあれは何だったんだ?状態。(個人的に)高校時代にラグビー部があったのであれば、また違った認識になった気はするけど、好きなタイプのスポーツであるはずなのに今まで何故か縁遠かったラグビー

 

しかし蓋を開けて見れば、日本各地でキャンプしている各国選手の楽しい情報、テレビ中継の実況や解説のウマさや分かりやすいルール紹介のテロップ、そして何よりも日本チームの活躍で、ラグビーがこんなに身近になったのは初めての経験だ。

 

そして激しいプレーの割には良く聞く紳士のスポーツと言う例え。今回試合をじっくり見ていて、この歳になってようやくその一部の理由が理解出来た気がする。

 

プロテクター類をほとんど着用していないので危険という事なのだろうが、ルールがしっかりとしていて、それがきっちりと守られている印象。

ボールを持った人にしかタックル出来ない、ボールの前でプレーしてはいけない、倒されたらすぐにボールを離す、倒れ込んだらプレーをやめるなどまさにフェアプレー、ノーサイドの精神ここに有り!と言う感じだ。

 

サッカーやアメフト、アイスホッケーや野球で見かける姑息なプレーが明らかに少ない。(本人体感です!w)

サッカー、野球では一部かなり激しい敵対もある中、応援する側も互いにノーサイド!っちゅうのがまた素晴らしい!

 

さて、日本戦、後半トライ&ゴールを決め逆転!その後は失点もせず追加点を決め、最後、アイルランドはリスクを避け勝ち点を取る為自らプレーを終わらせた。→実力でもぎ取った勝利らしい。

 

サッカーで言えば、ランキング1位のドイツ以外の欧州勢→イタリアやフランスに勝ったと言う感じか?

 

その後見たオーストラリアVSウェールズも凄かった!!なんか楽しみが増えて良かったよ。

 

ところで、ウェールズ、(北)アイルランドスコットランドイングランドてなんか得して無い?一つにまとめて来いよ、と少し思うもどこも強いからスゲーなと。

f:id:boulangeriemanna545:20190930010247j:plain

お化粧まだかなー。また見たいなー。