boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

ようやく型から外したタルト・タタンを堪能しながら楽しむ日本シリーズ

 

boulangeriemanna545.hatenablog.com

 

f:id:boulangeriemanna545:20201125213515j:plain

型の縁が波打っているタイプなので見た目は悪いが

f:id:boulangeriemanna545:20201125213721j:plain

例によって無茶苦茶旨い。←いつもの自画自賛w

タルト・タタンには定番の、甘さを控えた生クリームをこれまた無造作に乗せて堪能。

ちょっと水気が(追い水)が多かったな。

 

テレビをつけると巨人が先制しており、巨人の打者もようやくタイミングが合って来たかな?なんて思っていたら1回裏ソフトバンクの攻撃、ワンアウトから中村が出塁、次の柳田が

 

 

初球をホームラン

(なんだ、あのホームラン!)

 

即座に逆転してしまった...   (巨人頑張れ〜)

 

以降互いにピッチャーの交代が続き試合も小康状態、両者歯車が噛み合わない状態が続くとちょっと飽きてきてしまった。←ごめんなさい

 

ここでチャンネルをチェンジ!目に映ったのは先日10年を経てようやく出場決定のベビメタと共に、デビュー前にも関わらず出場決定で一部批判のあるにじゅう。←読み方合ってる?w

まー音楽番組なんてどこもそんなもんでしかも相手は韓国絡み、仕方ないなー、Kポップやなーと思って続けてチェンネルチェンジ!それにしても、週末から週明けのワイドショーにおいての紅白関連のニュースは、相変わらず

 

 

ベビメタを全集中で全無視状態だったのだけど

 

ここまで露骨だと流石に本人達が可愛そうだな〜。まだ、若いんだしさー、ちょっとは考えてよ!って感じだった。

 

 

さて、チェンネルを変えると丁度WOWOWにてThe Voice18の1回目の放送をやっていた。

 

何やら世界で人気のオーディション番組で、見かけや年齢に関係無く歌声だけで勝負が決まると言うもの。そのコンセプト通り背中を向けて審査が始まるところが面白いし、その後は審査員が好みのアーティストに自分を売り込みコーチを買って出るところも斬新。←その後トーナメント戦になるのかな?

そして相変わらず層が厚いと驚いていて気づいた重大な事実。動画の二人目の挑戦者の時に審査員で登場したのはケリー・クラークソンだったのだけども、彼女は一世を風靡したオーディション番組「アメリカン・アイドル」の初代チャンピオン。

 

 私の中ではこの状態で時が止まっていたものだから大変驚いてしまった。

面影があると言えばあるし、無いと言えば...←ケリー、すまんw

 

それにしても挑戦者はプロもいるのだろうけど皆レベルが高い。勿論日本にも歌が旨い人なんてのは沢山いて、地方のジャズライブ、オペラ、クラシック、シャンソン、演歌、ミュージカル界隈には素敵な歌声の持ち主がごまんといる。けどもやはり?と思うのはテレビに出る人達の中には???状態の人も多く、歌手を名乗っている以上最低限であって欲しいなと。

 

ベビメタには是非紅白にて公開処刑

 

クリーンなハイトーンボイスに倍音たっぷり&コントロールする唯一無二の歌声。

テレビだとどうしても一本調子だと捉えられるのがなー。

 

 

あ!巨人負けちゃった!

DH制導入かな?