boulangerieの暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

007

今月末までに引っ越しする羽目になり業者から段ボールを貰ったのは良いが捗らない荷造り。原因は、引っ越しするにあたって作成した「引っ越しリスト」のチェック項目が思いのほか多過ぎる。また、荷造りだけなら1日〜2日で片付く程度と言うのもあるのだけども、ネット、免許証、バイク、郵便物等の住所変更は実際に転居してから手続き開始可能な案件も多く(と言うかほとんど)、結局今はまだのんびりモードで良いのだなと気付いてしまって、基本追い込まれて動くタイプの私は妙に落ち着いてしまった。DIY計画も転居先間取りの細かい寸法が不明で動けず、色んな構想が膨んでいて暇なのに動けないと言うこのもどかしさ。ちなみに今日やった事と言えばWOWOWの月末解約一件で、ネットの解約は明日のJ:COMのお話を聞くまで不明な点が多く(移転先はBSアンテナ無しなので)結局進展しなかった。

 

と言う事で本日は例によって籠って映画三昧。アマプラが来月の最新作公開にあたって007の過去作品を一挙配信!となっていたので直近のダニエル・クレイグ版とショーン・コネリー版をいくつか鑑賞した。ちなみにお気に入りのダニエル・クレイグは私と同級で、よくもまー神様がいるとすれば、同じ人間で有りながらこうも違った人間を作るもんだなと、あまりの違いに関心さえしてしまう。神様は平等って言葉を知らない気がするな。笑

 

さて、本題。

007シリーズ1作目は「007は殺しの番号」が1963年に日本で公開、来月公開予定の最新作は25作目となる超ロングセラーシリーズ。私の記憶では9作目の「黄金銃を持つ男」までがテレビで視聴、初めて007シリーズを劇場で見たのは10作目の「私を愛したスパイ」からで、大体の作品がお正月映画として公開されていて、年末になると新作の発表が毎年楽しみだった記憶がある。結局10作目以降は全て劇場で鑑賞しているのに気付いたのだけど、こうなったら来月は映画鑑賞の自粛も解禁か!となっております。

 

年末は「マトリックス」の公開も決定しているので(恐らくクリスマス公開)、良い加減映画館での鑑賞のリスタートを!と考えているのでした。

 

 

ダニエル・クレイグシリーズは非常にシリアスな展開がウリ。幼少期に感じていた新兵器に関するワクワク感は減っているのだけどもそこがまた良い。泥臭い007とでも言うべき人間臭さが魅力であったりします。

 

 

でも、今年の本命はやっぱりこっちかな。笑

ジェファーソン・エアプレイ!の楽曲も良いね〜!!