boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

TENET テネット

今年に入って鑑賞した最初の映画は「フォード対フェラーリ」 

boulangeriemanna545.hatenablog.com

 そして予告通りに「リチャード・ジュエル」

 

boulangeriemanna545.hatenablog.com

 2月に入り「パラサイト 半地下の家族」と

 

boulangeriemanna545.hatenablog.com

 「1917 命をかけた伝令」を見て

 

boulangeriemanna545.hatenablog.com

 コロコロの状態に入った。

 

規制緩和となって6月に劇場へ行こうと意気込むも
boulangeriemanna545.hatenablog.com

ランボー ラストブラッド」くらいしか話題作が無くて、本来であればもっと早くに公開されていたであろう期待作も続々と延期になっていた。

 

そんな中、個人的に大本命の期待作がついに封切り!!朝気付いてすぐにポチってようやく鑑賞となりました。

 

映画「TENET テネット」はこんな映画で

 

 

今年最初に劇場で予告を見た時から、まさに「 インセプション」状態。←何言ってるか...

 

 一切の予備知識無しでの当初の感想は、「特殊な技術(現象)で悪と立ち向かう」的な単純な物語を想像していたのだけど

 

全然違ったな 笑←単純過ぎるw

 

映画中盤までは、何だこの007に憧れたノーラン風スパイものは!ちょっと違く無い?wと思って見ており、それなら主役がカッコ悪いぜ!とも思って見ていたのだけど、高速道路のシーンから突如物語の核心に迫って

 

 

来た来た、コレコレ!(時間軸の逆行シーン)

 

ん?←意味が分かっていないw

 

おーーーーーーーーー!(ただのアクションシーンに歓喜

 

え?あれれ?(想像と違う展開)

 

????????(更に意味不w)

 

 

からの〜、怒涛の伏線回収に大興奮状態。

 

中盤からの追い上げが半端ないっす。

 

 ↑もうレビューヤメろ

 

コレは上記の予告のみ見て、他の情報は一切遮断して見ることをお勧めします。

 

いやー楽しかった!

 

一回見たくらいじゃ意味なんて分かんなくても良いし、考察が好きな方は観賞後にやれば良い。一瞬頭が混乱するけど、全体を見終えて何となく辻褄は合うしきちんと観客を納得させるだけの演出はさすが!のノーラン脚本&監督。精巧に作られた演者も意味不wの複雑な脚本を実に見事に映像化させるあたりは相変わらず期待通りで大満足!の作品でした。

 

また、今回の作品は劇中に雰囲気と展開がガラリと変化する仕掛けが巧妙で、カッコ悪いぜ!の主役は当然変化しますし、長身でやたらと美人な謎ヒロインの存在も大きく化ける。終盤の相方のセリフも締めに効くよね。映画の醍醐味がギュッと凝縮されていた気がするなー。

 

それにしても、映画撮影で本物の飛行機を破壊するって相変わらずやる事が豪快だ。是非、劇場で!

f:id:boulangeriemanna545:20200919155425j:plain

こう言うのは一人じゃ食わなくなる、久しぶりに食った回転焼き←勿論牛乳で。笑