boulangerieの暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

都内の様子

相変わらず増え続けている都内の人流、昨日は金曜という事も重なって明るいうちから各所で大渋滞が発生していた。人が動くと経済も回る、未だ急遽感染者数激減の謎は残るがこのチャンスは逃せない。今のうちにやれるところまでやっておこう。ところで都内の紅葉&黄葉はまだまだ見頃。東京駅周辺はだいぶ散り始めているけど

f:id:boulangeriemanna545:20211127114251j:plain

阿佐ヶ谷駅周辺(杉並区)

f:id:boulangeriemanna545:20211127114328j:plain

外苑の銀杏並木(港区)

これは日曜撮影、凄い人の数だった。

f:id:boulangeriemanna545:20211127114415j:plain

芝公園(港区)

などはまだこれから色づく木々も多く、他にも目白や永田町(皇居周辺)、原宿あたりも楽しめる。天気が良い日も続くので週末は郊外の渋滞を避け空いている都心も狙い目かと。←郊外の渋滞も爆増!

f:id:boulangeriemanna545:20211127115050j:plain

欅坂

夜になると写真撮影組が以前にも増して急増しているイルミ観光客。遠方からのド派手な車&バイクも多くなんか渋谷っぽくなっている。ちなみにイルミネーションが派手なのは他にも表参道、東京ミッドタウン裏がありますがお勧めは東京駅丸の内側、通称仲通りのイルミ。道幅の狭さ&高さ&数が他を圧倒している上に周囲は大人の雰囲気(高層ビル群)。静けさと相まってなんとも良い感じなのです。

f:id:boulangeriemanna545:20211127120026j:plain

下町からスカイツリー

一方こちらは少し寂しい雰囲気。だーれもおらんw。しかし

 

一番落ち着くな。

 

そばに行くと賑わっているのかな?この辺は良く分からないのですぐ戻る。

 

という事で22時を回ると夜の稼ぎ時が復活。タクシーは久々の好景気状態に入っていると言って良いでしょう。それでも!以前のような状態にはまだまだですが、何っつたって解除前は22時以降はゴーストタウン状態でそれと比べると雲泥の差、今は深夜を過ぎても走り続ければお客さんが必ずいるので全く苦にならない。第6波、まだ来るなよ〜。

 

さて、金曜はこんな感じで早めに目標達成。時刻はすでに1:30、場所は丸の内。(江東区へ行った帰り)ここから六本木に戻れば確実に拾える(タクシー足りていない)が、4:30までには絶対に!会社に戻らないといけない。都心からガスの補充をして会社に戻るための所要時間は60分。このまま街に突っ込めば神奈川方面や千葉の確率も高いけど、そうなると時間と速度を気にしながら焦りつつ運転する羽目になる。そして最悪戻れなければペナルティが待っている。→諦めて車を北に向ける事にした

 

まずは神保町を通って一人ゲット→目白まで。良いぞ!目白から下落合→少し行き過ぎ、まあ良いでしょう。下落合から会社方面に車の向きを修正、最後は池袋→西巣鴨→王子で帰ろう、拾えなければそれで良い。と、明治通り池袋東口に差し掛かったところは周囲にそれなりに人がいる。しかし手が上がる気配は無い、帰宅ラッシュがひと段落したらしい。なので第二車線に入って(拾う気が無い)街を観察しつつゆるりと運転。すると駅の入り口付近に20名ほどの列が目に入った。「行列が出来てんな〜」「イベントの終わり?始まり?誰かの出待ち?」なんてぼんやり考えつつ「誰待ってんだろ?」と思っていて最後にちらりと視界に入ったタクシー乗り場の文字

 

 

 

お前を(タクシー)待ってんだよ!!

妙に目が合うなと 笑

 

&

 

鬼の乗車拒否w

 

これは流し専門のタクシーあるあるだけども、普段から通行人の挙動には恐ろしく敏感で、腰から上に手が(腕が)上がる動作を1ミリでも感じると咄嗟に反応してしまう。なので別にタクシーを停める気はないけども、時計を見る、スマホを見る、髪をかきあげる、ポケットから手を出す、頭を掻くなんて動作を特に交差点でやろうものなら、それには間違いなく周囲のタクシーが反応していると言って良い。それが逆に全く動きのない状態を見ると途端に無反応になってしまうんですね。特に今回は頭のスイッチを完全に切ってしまった矢先の出来事、仕事も終わり帰宅モードに移ったタクシーは途端に反応が悪くなるのです。(私だけか?笑)

 

いや〜、びっくりしたなぁ〜。←お客さんが!だ!

※すぐにロータリーで転回して一人拾って帰りました。

 

ランキング入りする為には両手後半の売上が必須となって来たタクシー業界。しかし私は前半で十分、とは言え時間ギリギリまで掛かりますがコロナ禍のキツさを体感しているので疲れ知らずで楽しめる。毎出番大きな変化が続く都内なのでした。