boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

排水口のメンテナンス

2ヶ月ほど前から浴室と洗濯機の排水が悪くなっていた。浴室は一回シャワーを浴びるだけで足元に水が溜まり洗濯をすると洗濯パン周辺に水が溜まる状態だった。丁度その頃他の部屋で階下に水漏れがあって大掛かりな修繕となったのも聞いていたので、市販の排水口用清掃用品にて詰りの除去を試みていたのだけど、固形、液体、顆粒タイプと色々試すが効果無し。そうこうしている間に排水の具合が日に日に悪くなり時折気になる匂いも発生。そんな状況の中、ポストに入っていたチラシで「2千円で排水口の清掃行います」「付近のエリアを集中的に行うため格安でやりますよ!」的な案内が。

 

話変わってよく見る磁石タイプの水回りのメンテナンスの広告。以前お店のトイレが詰まって早急に対処しなければならない事態となって利用したのだけども、その時に感じたボッタくられ感が忘れられずあれだけは利用するまいと決めていた。(笑)

迅速な対応、明瞭な見積もり、互いに納得する作業金額をうたっている割には結局大した修理で無いのに数万円取られると言う結果はどうにも納得が行かなかった。作業そのものの金額は確かにあらかじめ見た金額ではあったのだが、特殊な部品を取り付けるとかこの部品は今一個しか無いとか言っては緊急事態と言う足元を見られるように即決を求められ次第に高額になる金額。他ならもっと取られますよ、とか普通はこの金額(高い設定金額)とか、上司に怒られますとか、挙句に上司の許可を取りますとか言ったやり取りはもはや定番でw、これは引越しとかバイクの買い取りにも似たものを感じる。

 

わざわざ来てもらって専門知識にて問題を解決してくれる事には勿論感謝をする。

しかし、いくつもお店を立ち上げて裏事情を知っている私からするとそれでも高かった。

お店の排水口に関するトラブルはパン屋ならば必須。ある意味空調の油汚れよりも始末が悪い。←グルテンがあるから(パン生地の伸び&弾力&粘り気の元)

様々なタイプのトラブルに対処した経験を経ての判断だ。

 

 

結局、2千円に釣られて呼んだ業者の最初の見積もりは

 

 

何と8万だった。笑

 

そこから徐々に下げ4万で成立させるのがあちらの手。粘ってその半分の最低2万が相場と見た。

 

SNSが普及した世界においてはこの2万円台と言うのを死守しようとしているらしく、これ以上は絶対に下げてはならない金額と決めている感じだったな。

 

そもそもこの手の工事に来る業者は本業だけでは食って行けず、副業的にフランチャイズ加盟をしているところがほとんどで中には悪質な業者がいて、場合によっては法外な金額を請求される事もある。24時間対応で問題を解決してくれるのであれば、このご時世まー2万は妥当かなと。←それでも高いけどね...

 

ちなみに作業は

アサダ R72070Y ローポンプスーパープラス

アサダ R72070Y ローポンプスーパープラス

  • 発売日: 2009/04/01
  • メディア: Tools & Hardware
 

これと全く同じ器具で強力に吸い上げただけで終了。もしこれで改善され無かれば、水圧では解決出来無いのでトンネルを掘るような器具を使用するので高額になると言っていた。

 

事情は分かってるんだぞ!と終始笑顔で値下げを試みるも2万を切る事は無かったので諦めた。

代わりにキッチンの排水口の清掃&業務用薬剤の投入、トイレの業務用薬剤の投入がサービスにはなりました。←市販のものは相当弱いらしいです(パイプマンとか)

今後の参考になればと思います。

 

ただ、今回の件も含めその他バイクの整備にしても車の整備にしても同じことが言えるのだけど、作業自体が簡単であるからと言って工賃や作業料金は簡単に値切るものでも無いとも思う。その人の技術や知識がプロと言えるまでに掛かった費用や努力には最低限の敬意を払わなくてはならない。バイク量販店の工賃は確かに安くて魅力的なのだけども、割高な正規ディーラーにおける信頼関係の構築も大切。命が関わる問題だし目に見ない技術料はある程度高額であって良いとも思います。→8万は吹っかけ過ぎやろ!(笑)

 

デフレ状態が長らく続いてチェーン店の格安ばかりに目が行くと、いつまで経っても国内の平均所得が上がらない気がするな〜。巨大企業と個人店の料理は全く別物、提供されるに至る経緯も異なる。同一に考えたらいけません。

 

f:id:boulangeriemanna545:20200913151234j:plain

後日同居人が排水口のメンテに気づき半分払うと言うけど、一人でもやるし色々とお互い様なのでと丁重に断って頂いた久しぶりのぶどう。これなんて言う品種かなー、初めて食べたよ。