boulangerieの暇つぶし

元パン屋で都内タクドラの雑記。パン、料理、音楽、映画、インテリア、バイクネタがメイン。一人でも楽しくやろうぜ!って話。

挙手

街を歩いていてタクシーを停めたくなったら手を挙げる。運転席側から見るその動きは一目瞭然で、他の同業他社や交通事情も加味して少しでも早くお客さんの存在に気付く事も売上を上げるポイントの一つ、運転中は特に左前方を注視している結果だ。しかしあまりにも注視しているので人の動きに敏感に反応し過ぎる側面もある。横断歩道で時計を見る、髪をかき上げる、歩いている途中で突然振り向く、頭を掻く動作をすると目の前のタクシーが敏感に反応している様を見る事が出来るだろう。←特に都内?

これが深夜時間帯になってくると、歩道上の植物や電柱やらがうまいこと重なって、一瞬人が手を上げていると錯覚する事も結構ある。タクシーはそれくらい必死に索敵しているのだ(笑)。

 

ところでお客さんの挙手には様々なパターンがある。例えば...

 

大人しめ 若い女性&ご婦人に多いパターン

腕は体に密着したまま→気をつけ!の状態から肘を最大限に曲げ手のひらをこちらに向けている。手のひらはほぼ肩の位置&顔から下、タクシーが来るまでは手はグー、タクシーを発見するとパー、実車中や回送中のタクシーが通り過ぎると萎んで行く手が可愛い。笑

 

王道 頻繁には利用しないけど移動手段としてタクシーも十分選択肢に入っていると言う印象

タクシーを見つけるや否やビシッ!とほぼ垂直に手を上げる。また、挙げた手を大き振る、万歳パターンも多い。

 

さっぱりタイプ 頻繁に利用している、滅多に使わないの二極化

手の挙げ方は大人しめと同様。違いはタクシーが来た時だけサッと手を揚げ直ぐに手を下ろす点。

 

威風堂々タイプ  荷物を持っているビジネスマン

道路上にて手を挙げず身体をこちら側に向けてアピール。←タクシーはこの状態でも近づいてくる。大物感が凄い(笑)。

 

基本は大体この4パターン。けれど中には特徴的な人も結構いて

 

うさぎちゃんタイプ  子供中心→むっちゃ可愛い

万歳+飛び跳ねてアピール。また、ギャルやほろ酔い気分のムードメーカー的存在の人がハイテンション化してしまうとこうなる。

 

「僕は死にましぇ〜ん!」タイプ 車の前に突然突っ込んでくる深夜の酔っ払い

これは正直勘弁して欲しい。中には回送中&実車中に限らず第二車線にまで飛び出しくる猛者もいる。まさに自殺行為だ。

 

おバカなタイプ   何故か横断歩道&道路のど真ん中で待ち伏せしていた女性

新宿の大ガードそばにて小滝橋通りから片側4車線の靖国通りに左折で動き出すと突如前方に現れた仁王立ちの女性一人。都内でも屈指の大きくて人の往来も激しい横断歩道上で一人だけ止まって手を挙げ続けている。←早く渡れば良いのに何故か車の右側で待っている

こちらは歩行者が切れるの待っている状態で歩行者用信号は点滅を始めている。後ろには多数の後続車、手招きで左端へ誘導するがなかなか分かってくれない。

 

必死なタイプ 何故か小さなお子様連れに多い

先頭で信号待ち中に交差点の向こう側から手を挙げてアピール。ハザードや頷き&手で了解の合図を送っているのにも関わらず何度も、何度も手を挙げてアピールしてくる。信号が変わらないことにはどうしようもない状況でなす術なし。しまいには怒っているのか?早くこっちに来い!と言わんばかりのゼスチャーに変わってくるのが恐ろしい。急いんでいるんだろうけどもう少し周りの状況を見て察してくれ(笑)。

 

臨機応変タイプ スマホをうまく使う今時の人

これは大昔にチラリと書いたが道路状況によってはお客さんだと気付かない場面も意外とある。特に夜は対向車のヘッドランプや街灯、店舗のネオンなど複数のライトが重なって偶然できた影に隠れてしまって非常に視認しづらい状況が発生する事も多い。そんな中、スマホの画面をこちら側に見せて手を振り続ける人はとても分かり易い。たまたまなのか?最近増えて来ています。

 

番外編 これは先日体験した特殊な例。

東京ミッドタウンの反対側にあるビルの裏側の路地。石畳になっていてお洒落な雰囲気+それに合わせるかのようにお洒落なお店が点在するエリア。なんとか※離合出来る道幅。

丸の内から乗せた男女3人組を降ろしリスタート。すると少し離れた前方に道のど真ん中で動画(写真?)撮影をしている女性が一人いた。スマホを横向きに持ち体の前方に腕を地面と水平にピンと伸ばして、私から見て道路の右側を撮影している。ここは人通りも多いし非常に狭いエリア、嫌でも徐行じゃないと進めないので周囲の人に警戒しつつゆっくりと進行。やがて人垣が途切れて徐々に近づいて来たど真ん中の女性。これは気付いてないな〜、流石に目の前まで行けば気付くだろう、と思えど、結構な距離まで近づいても一向に撮影をやめる気配の無い彼女。クラクションを鳴らす訳にもいかず仕方無いのでハンドルを右に切ってかわす動きを交えて更に近付いた。と、その瞬間、助手席側に来て持っているスマホをバタバタと大きく振りながら猛アピール。

 

 

最初っからタクシーを止めようとしているお客さんだった パラダイム転換の瞬間である 

 

 

お客さん側から見たらずっと前から私を止めようとしていたのだけど、いつまで経っても止まる気配が無い。更には通り過ぎようとしたものだから「おい!おい!待てよ!」と。いや、けどもよ?笑 その体制でその位置、そのタイミング(かなり遠くから)はどう見ても何かの撮影だったんだよ。乗せて事情を話すと二人で大笑いだったな(笑)、いやー参った。しかし

 

手は上に挙げましょうね。(最後までまるで印籠のように持っていた)

 

 

※離合 (りごう)

車と車がすれ違う事。福岡では日常的に使う言葉なのだけども関東では伝わらない?記事を読んだ事があるので念の為。

 

本日の朝食

コロッケ入れるよね?