boulangerieの暇つぶし

元パン屋で都内タクドラの雑記。パン、料理、音楽、映画、インテリア、バイクネタがメイン。一人でも楽しくやろうぜ!って話。

上高地へ ❷

f:id:boulangeriemanna545:20201006012734j:image

汗を掻かないようにのんびり上がって土産物屋の前で一休み。ちなみにお風呂は、シャンプー、リンス、ボディソープ有り、タオルも¥200で売っていて入浴料は¥520。上の土産物屋もタオル有り¥250←ちょい大き目

 

髪が渇いた所で再び走る。今度はワインディングを楽しもう!と周囲を走るも

f:id:boulangeriemanna545:20201006013358j:image

乗鞍岳線が落ち葉だらけ&道が凸凹&狭いの三重苦。車が一切走っていないのは良かったのだけど、深い森で余りにも人と遭遇しないといささか不安になる。笑

特に見晴らしが良い訳では無いので、この辺は余りお勧めしません。←Googleの走行軌跡はかなり端折っていて実際はかなり入り組んでる。

 

こうして沢渡温泉界隈に戻り、ホテル前のショップで最後の時間潰しジャスト15時にチェックイン。ブッキンコムでは余り評判がよろしくなかったのだが(笑)建物は古いが最近改装したらしく快適。

f:id:boulangeriemanna545:20201006014413j:image

ワンカップワインでとりあえず落ち着く。

食事は別室にて18時からなのでもう一回風呂行って昼寝しよう〜。

 

ところで沢渡周辺は駐車場だらけでどこも満杯状態。しかしその割には人影がまばらでどこか違和感を感じていた。で、部屋で上高地関連の動画を見ているとこのような物があって

 初めて聞く涸沢カールや裏穂高、モルゲンロート?なる名所や現象と共に凄い数の登山客!!にビックリ!なるほど、皆ハイキングコースより更に上に滞在している訳なんですね。それにしてもこの動画の男性のタフさ。趣味で本格的にやってる人は普通の事見たいだけどちょっと次元が違う。しかも写っている人達は割と高齢な印象なのだが皆元気。軽量化しているとは言え、あの装備で!て感じだった。また、日常ではまず見ることがない自然を堪能したいのであれば登山は最高の趣味だなーと改めて思った。

 

 

しないけど 笑←つーか痩せないと無理w

 

雨嫌いとか寒いの嫌とか普段から腑抜けたことを言ってる自分が情けないね。

 

と言う事で、酒だ。←反省していない

 

f:id:boulangeriemanna545:20201006035224j:image

献立はこのような感じで温かいものはこちらのペースに合わせて持って来て下さる。相変わらず四人がけテーブルに一人なのは私くらいの中w、一番最初に入って最後に出る至福の酒飲みタイム。

 

地元の舞茸&きのこが濃厚で、岩魚の塩焼き、初めて食べた牡丹鍋が好印象で日本酒が進むのなんの。そして締めに出て来た松茸のお吸い物が天国へと誘ってくれた。

 

ここに来るときに道端でも売っていた1箱¥3000の松茸、バイクで横を通ると香りが漂っていた。ん?まさかね、ともう一度通ると再び漂う香り。その近くの山で取れたであろう松茸のお吸い物は鱧とスダチの鉄板トリオ、土瓶蒸しを彷彿とさせる組み合わせではあるのだが、お椀に入った汁物ではあの楽しみ方は出来ない。しかし!それでも鼻腔を抜ける風味は濃厚で官能的。笑

香りを楽しむことに関して言えば国産の松茸に敵うものなんて他にある?状態。噛んだ瞬間にもっちりと甘いのに一粒づつ立ったお米と松茸と漬物。何とも贅沢な夕食でした。

 

f:id:boulangeriemanna545:20201006042616j:image

濃い赤のリンゴと蕎麦と松茸と舞茸、土産は何にしようか?

 

続く...