boulangerieの暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

熱い週末 ※ネタバレあり

毎試合ホームランが期待される大谷選手。朝起きると「今日も打つかな?」と録画チェックも日課になった。そんな大谷選手がいよいよ本日!ホームランダービーに出場する。個人的な期待を込めての予想は勿論優勝。普段の試合が既にホームランダービーの打ち方で(笑)、パワー+タイミング+遠心力+極まった下半身の使い方を見ていると優勝以外は考えられない。標高が高い球場との事で飛距離も本数も新記録となるだろう。

 

と、ここまでが勤務中に書いていた事。←ちゃんとしろ

 

で、本日より緊急事態宣言の発令とやらで一応夜までノンストップでやっておこうと考えていて、20時過ぎまでは前日までと変わらぬペースでなんとか稼ぐ事が出来た。ところが一息ついて周回するとお客さんはパッタリ止まってしまって、いやいやこれは普通だ!そのうち乗って来るさ!と粘るも虚しく惨敗。

 

ブログの続きを書くことが出来なくなってしまった。←焦って走り続ける 笑

 

と言う事で、ギリギリまでやったけど最後は諦めて帰宅←諦めが肝心

そして翌朝、ようやく視聴開始となったホームランダービー

 

遊び心たっぷりの球場にぎっしり集まったファン、選手は家族と共に球場に入りスマホ片手に楽しんでいて時折映る観客席はどの席もお祭りムード満載。言ってしまえば選手のただのバッティング(笑)なのに異常な盛り上がりで、ファンも選手も本当に楽しそう!で皆自由な雰囲気が実に良い。注目の大谷選手は惜しく1回戦敗退となってしまったけども(予想は大外れ)まだまだシーズン半分、後半戦に期待だ!

 

 

続けて週末に行われていたEURO2020の決勝を視聴(録画)。イギリスの聖地ウェンブリースタジアムで行われたイタリアVSイングランドの試合。イングランドの完全ホーム状態+開始早々(2分)イングランドが得点しこちらも異常な盛り上がりを見せている。

得点直後、早速こちらのギターリフの声による大合唱。ゴールシーンでは会場でも公式に流れるようになったのだけども起源はベルギーのクラブ・ブルッへの応援サポーターであるブルーアーミーがアウェイでACミランと対戦する時に使用してからと言われている。するとイタリアでも使用されるようになってローリングストーンズの2006年ミラノ公演ではマルコ・マラッティとデル・ピエロが飛び入り参加し観客と一緒に大合唱するなんて事もありました。

2006年と言えばW杯のマルコ・マラッティとジダンの頭突き事件(笑)。ジダンはマラッティに頭突きをして一発退場となるとその後PK戦を制したイタリアは優勝、アズーリ(イタリアサポーター)はこの「セブン・ネーション・アーミー」を大合唱したんですね。尚、公式にはEURO2008から使用開始。ゴール後にスタジアムのスピーカーから流されるようになった。

 

きっかけはイタリアであるはずなのに開始早々のイングランドゴールによる大合唱。今大会、イングランドのサポーターはデンマーク戦フーリガンばりの暴挙(国歌妨害、発煙筒、レーザーポインターでキーパー妨害など)が問題になったばかり。メジャーリーグと違ってこちらの応援はちょっと恐怖を感じるな。笑

 

後半に入り(68分)にイタリアが追いつくと延長戦に突入。それでも決着がつかず激闘の末PK戦へ。

 

 

 

試合終了後スタジアムを後にするイタリアサポーターがイングランドサポーターに襲われていた。

 

f:id:boulangeriemanna545:20210713165501j:plain

ゲリラ豪雨後の夕焼け

自宅より。

 

そう言えば日本でも来週からオリンピックってのがあるのだけども...