boulangerieの暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

天津飯 ❷

引っ越しのサカイに貰った段ボールに荷造りを開始して数日。部屋の本やら小物が段ボール大×1&小×3個に収まって後はクローゼットの衣類+キッチン用品のみ。あれ?箱に積めると意外と少ないぞ?と思いつつ、買った物は確かにあるけどその分毎回何かしら捨てていたのを思い出した。ついでにこっちに来てから一回も着なかった衣類はこの際全部処分してしまおう。

と言う事で、終了が見えてきたので今日は何しよう?と思いつつまずはパソコンを立ち上げていつものように音楽を再生、そしてまだ完全に目が覚めないうちは取り敢えずこの動画を見る。

 

 

ハトってアホなんか?

このシリーズは他にも沢山あってどれも速攻で罠にかかって終了。この全く警戒心の無い様子を見ているとつくづく平和な国(地方)なんだなと心が洗われる。(笑)

 

続いてお勧めに出てきたこちらの動画。「お、俺よりリズム感があるな」と思っていると脳が覚醒して腹が減った。

 

boulangeriemanna545.hatenablog.com

 

なんだ、レシピあるじゃん!と過去記事で見つけたのも後の祭り。先週からリピートしている天津飯は既にレシピが変わっており今ではそちらがお気に入りで下準備に手間が掛かるがその分旨い。

 

天津飯レシピ

 

カニ

・卵  3個

・白ネギ 10センチほど微塵切り

・塩&胡椒 少々

・あれば牛乳、無ければサラダ油少々(ふんわり効果)

 

甘酢タレ

 

・醤油 大さじ1

お酢 大さじ2

・鶏がらスープの素小さじ一杯を70ccのお湯で溶いたもの

オイスターソース大さじ1

・砂糖 大さじ1

※全部合わせて混ぜておく

 

調理方法

カニ玉は良くかき混ぜて強火でサッと火を通す。オムレツやスクランブルエッグを作る容量で好みの形や固さにして皿に盛ったご飯の上に敷く。

 

甘酢タレは最初にニンニク一片のみじん切り&同量の生姜のみじん切りを多めの油(大さじ2)で火を通す。その際小さじ1杯の豆板醤も加えて炒めて香りを出す。後は甘酢タレを加えて一煮立ち。沸いたら水溶き片栗粉で好みのとろみと付けて完成。→卵にかければ完成だ。

 

下準備にニンニクや生姜のみじん切り、水溶き片栗粉と鶏がらスープの作成などが入るので最初は面倒に感じるのだけど、準備が整えばその後はあっという間に完成するのでトータルの調理時間は短い。濃厚な甘酢タレと多めの卵の味が絡んでもうこれだけでご飯が進むのだけど、そこにカニの風味が加わると何とも贅沢なひと時。笑

そして何よりも赤字で書いた箇所がポイントで、単調な甘酢タレの風味に深みが増して一気に本格的な味わいとなる。

 

f:id:boulangeriemanna545:20210921175014j:plain

今日も今日とて

卵はグチャグチャっと作って皿に移して形は後から整えると簡単。半熟が美味。