boulangerie545の暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

BMW Motorrad

前回のツーリングから帰宅後に気付いたヘッドライト切れ。確認するとポジションライトやハイビームは点灯するのだけどロービームが点灯していない事が分かった。

翌日は都内に「東京アラーム」(都庁とレインボーブリッジ)を見に行こうと思っていて、夜に乗る事ってそんなにあるはずでは無いのにこのタイミンング...←ヤメろって事だな(本末転倒案件w)

マニュアルを読んでネットで一通り調べた後ディーラーに電話して色々と確認すると「バルブ交換の作業は単純だけど、バルブを留めているスプリングワイアホルダの脱着にコツがあって、そこが壊れると痛い出費になるよ」との事。

 

             ↓

工賃払いにちょっと顔出せや

 

察しの良い私は新型も見たかった事もあり、仰せの通りお任せすることにした。

 

ディーラーに到着すると早速出迎えてくれたのはS1000XRの2020年モデル。購入から2年経つが新型は大幅な変更&進化が目覚ましくなんとも羨ましい。

デイスプレーの変更やLED化、キーレス化、車重の軽減、エンジンも設定のみならず本体にも若干の変更が施されている模様で、店長いわく「大幅な振動の軽減&中低速の扱いやすさがかなり向上していますよ!」との事。

 

出たよ、中低速トルク&街乗りしやすいシンドローム 

 

もともと大排気量でガンガン回るエンジン特性なのに勿体無い、そんなにまったり乗りたいならスクーターで良いじゃん!なんて言葉は勿論出さない。

 

ちなみにS1000XRは車高が高くハンドル位置も高い。しかしその割には重心はしっかり下部に置かれているので、低速での直進安定性や停車時の安定感も優れている。低回転で繋いでも未だエンスト知らずで2千回転以下でも楽にクラッチミートが可能だ。そこから一度走り出すとアクセルをちょっと捻ればどこまででも回る印象でいつでも昇天できる。笑

ポジション的にも大きく広げた両腕、起き上がった上半身と顔、足が伸びた状態での駐車場などでの取り回しが非常に楽ちん。足さえ着けばコロコロと簡単に転がる。

 

クッソ〜、それが更に乗りやすくなったのか...

 

                   ↑ちょっと悔しい 

 

ま、今の私の技量においては、現在乗っている2018年モデルでも一切の変更を施す事なく完璧で大満足、これ以上どこをいじるんだ?状態。それを伝えると喜んでいました。

 

そこから話は当然コロナ禍の影響になったのだけど、春先に新車発表した矢先の出来事で残念だったが、世界的には好調な成績を収めたBMW、特に欧州での販売実績が良かったらしい。

街を走ればやたらと目に付くRnineTとGS、相変わらずクロスオーバーは不人気だなーとは思うけど、欧州では好調なのでラインナップを増やしたのだろう。

 

 

 

相変わらずカッコ良い海外のバイクCM。日本じゃ色んな意味で無理だよな〜。

二番目に登場するのは今年話題沸騰のR18。秋頃には街中を走る様子が見られるかも知れません。

(すでに数台売れているらしい)

 

コロナ禍で自転車が見直されているらしいけども、ついでにバイクも増えると良いのにな。

てか、自転車はクロスバイクもそこそこ人気なのにバイクのクロスはなんで売れないんだろ?

f:id:boulangeriemanna545:20200606185137j:plain

S1000XRはまさにバイク界(初?)のクロスバイクなのです、未だ同カラーには出会った事が無いな〜。