boulangerieの暇つぶし

所持金ゼロから元パン屋が上京して再び出店するまでの日々雑感。倒産、離婚、全てリセット、初めての転職、二度目の転職、関東に移住←今ココ

正直な話

他国でのスポーツ&イベントが続々と解禁となっている中、正直な話五輪はどうでも良い。

この「どうでも良い」とは、スポーツイベントに関心が消えたと言う意味では無く、そちら(政府や取り巻き)の都合で開催するorしない事に関しては勝手にしてねと言う意味で、私の場合、実際見た時に競技がハイレベルなものでさえあれば個人的には満足出来る。

 

 

だって、ベビメタのライブはすでに5回見ているし実施している

 

訳だし、エンタメ好きいちファンとしては世の中の色んな興行が中止になるのは非常に悲しい。にしても、後々考えると色んな意味でベビメタは良くやったな、と。しかも賛否も無ければ話題にもならない。どうなってんだ?笑

 

そんな中、先日の首相の会見で五輪で「世界が一つになれる」的な話があった。

 

それは違うなと思った

 

丁度先週、BSNHKで世界のコロナ環境見たいな番組をやっていて

 

インド:ワクチン製造大国なのにワクチン不足が深刻、しかしイベルメクチンによって感染抑止に成功。イベルメクチンとは日本人が開発した対寄生虫用薬品、コロナに対して効果は絶大なのにWHOは推奨しない不思議なお薬。それでも相変わらず死者多数、更に新たな変異種の拡大が懸念されている。

 

ブラジル:とある貧困家庭、ワクチンどころか仕事も食べ物すら無い状況で家賃も滞納。介護が必要な母の手術が出来ず足の壊死を待つしかない

 

イギリス:ワクチン接種は地域ボランティアなどにより順調に進む。20時間の講習で接種する事が可能で近くの薬局にて接種可能との事。1年以上のロックダウンがようやく解除となって久しぶりに家族で外出となったは良いが、ここでも新たな変異種の猛威が待っていた。

 

バリ島:インドネシア共和国のリゾート地、語学留学校での出来事。コロナ禍になって以降職員らは学校から出ない事を選択。(一旦出ると仕事復帰が困難になると判断)かれこれ1年以上学校内にて合宿状態でリモート授業を実施、ある母親は生まれたばかりの子供に会えず、子供は自分の母親が分からない状態だった。

 

なんでこのタイミングでこの放送?との疑問もあったが、番組を見た限りではこんな状況で開催したからと言って世界が一つになれるとは到底考えにくい実情で、実際出演していたイギリスの家族も、今イギリスで五輪開催ならば?との夫の問いに対して「有り得ないね」「日本は不思議だね」的な事を嫁さんが呟いていた。笑

例の音楽フェスは医師会の圧力によって直前で中止に追い込まれる中五輪はOKと言う事に関しても、首相は「大変残念に思います」と言う私レベルの回答で、これで誰が納得するのか?

何度も書くけど今の状況ならばイベントは大いにやって貰いたい。けれど現場の医療従事者にだけ負担が行くのはなんとも堪え難い。なので、まずは医療制度の見直し(医療サイド自らやれ)があって、コロナ専門病棟なりの増設(自治体や国がやれ)、現在ザル状態の水際対策の強化、飲食店の規制解禁、現行通りのルールによってイベント継続、それから五輪は開催しますとなれば納得する人も多いだろう。これが絶対条件と言うもの、話はそれからだ。

 

それにしても、他国ならばとっくに暴動&暴言状態。私などは好きなように書きまくっていて申し訳ないとは思いつつも、被害を受けた関係者は皆本当に辛抱強い。日本って色んな意味で凄すぎる。

 

f:id:boulangeriemanna545:20210709002129j:image

 

壊れた時のスマホ写真。撮影中は常に画面が揺れピントが合わない。次回ツーリングからスマホホルダーは無しにしようっと。