boulangerieの暇つぶし

元パン屋で都内タクドラの雑記。パン、料理、音楽、映画、インテリア、バイクネタがメイン。一人でも楽しくやろうぜ!って話。

ネトフリとイカゲーム

amazon Prime VideoとWOWOWに加入していたので映画鑑賞に困ることは無かったのだけど、昨年辺りから各サブスクのオリジナル映画が話題になり始めると実はとても気になっていたNetflix。昨年のスコセッシ監督の映画やアカデミー賞でも話題になった「ローマ」、昨年は日本の作品が世界で話題、その日本では今年韓国ドラマで話題沸騰、現在はまたまた韓国のドラマが世界中で話題となっている。韓国の映画産業やサブスクのエンタメ産業が急激に成長した背景にはどちらも方法は違えど莫大な資金力がある。まさにお金があれば何でも出来るこの世の中(笑)。そこに至る経緯や仕掛けにも少しだけ関心があるのでした。で、この度ようやく視聴を開始したネトフリ。

 

最初に何を見ようか考えて鑑賞したのはいきなりトップページに表示された話題のコレかなと。

f:id:boulangeriemanna545:20211201053823j:plain

イカゲームw

まだ4話目だけど、ドラマの感想の前にネトフリの使い勝手の感想などを。

 

ネトフリを鑑賞する端末はPC、TV、スマホ。TVはJ:COMから、PCはウェブブラウザから、スマホはアプリ(ダウンロードして)でログインするだけでそれぞれ簡単にセットアップが完了。これでいつでもどの端末でもすぐに視聴可能でとても便利。また、スマホに映画やドラマをダウンロード出来るのも外で見る人には好都合。一番安いサービスでも普通にテレビ番組並みに綺麗な映像で、新規入会&退会のシステムも分かりやすくて良い感じ。そして一番印象的だったのは、連続ドラマの視聴の際、冒頭に予告無し、オープニング無し、終了時も素早く次に進めるのはありがたい。冒頭でいちいち映画の予告をスキップしたりドラマ終了時にも「次へ」をわざわざ選択しなくてもほぼ連続で進む物語。(他のドラマの仕様は不明だけども)

amazonの場合は月額にするとワンコインに近い金額。それでいて写真の保存(クラウド)、音楽、映画、送料無料、翌日配達無料などのサービスとセットなので比較対象にしてはいけないのかな?。ネトフリの方がより映画鑑賞に特化していると言う第一印象でした。

 

さて、話題の「イカゲーム」。

 

今の所さほど大した没入感が得られず、でも話題の秘密を知りたい(勝手に考察したい)ので少し我慢して見ている状態

 

その理由

 

1、噂の内容から期待していた韓国ノワール色は薄い

「チェイサー」「アジョシ」「オールドボーイ「シュリ」...には程遠い軽い仕上がり。

 

2、よくある設定の物語

最初から分かっていたけど↑上記の理由で単にあるあるになってしまった。

 

とは言え、編集やらお金が掛かったセットはテレビドラマの域を超えていて、序盤から種明かしチームが本筋と別の行動を取っている辺りは斬新とも言える。5話以降に面白くなるのを期待しよう。

 

ただ、これが世界的に評価されている事実にも今の所納得出来ない自分がいる。劇中で描かれている世界に共感&没入するには日本はあまりにも平和なのかな?作品の出来云々ではなく、他の世界との文化(水準)の差なのかな?と思いました。