boulangerieの暇つぶし

元パン屋で都内タクドラの雑記。パン、料理(自炊)、音楽、映画、インテリア、酒、車、旅行...元嫁と質素で楽しい暮らし。

ハンバーガー

定期的に作っている手作りハンバーガー。当ブログ内にてハンバーガーorバーガーで検索してもらうと過去に色々作っているのが分かると思います。

 

boulangeriemanna545.hatenablog.com

 

boulangeriemanna545.hatenablog.com

 

boulangeriemanna545.hatenablog.com

 

単純に好きなんですね 笑

 

そもそも日本はハンバーグ(&バーガー)とソーセージに対する評価が低すぎる。上等なお肉に更に手を加えるので肉単位よりも美味しくて&高くて当たり前だと思うのですが、そんな美味しいバーガーを、どう安く&美味しく作るか?の為に日々精進している次第です。←は?笑

 

てな訳で、冷凍挽肉がたっぷりあるので本日の朝食に作ったハンバーガーがこちら。

 

今回のハンバーガ

干し椎茸パワー!

ステーキ用肉を買えば一発解決なのだけども、今まで散々色々やって現時点で安い挽肉の旨みを引き立てるのは 1、干し椎茸を入れる事 2、つなぎを入れない事。

♪ウイーーーーン!

後は総重量の0.8%のお塩、ナツメグ、ブラックペッパーのみでしっかり混ぜる。これで歯応え確保&肉肉しいお味に。

途中で寝てしまった...

今日も手作りパン。当ブログ内にて「調理パン」で検索してもうらうとレシピがあるかと。

オリジナルシーズニングを作成

ガーリックパウダーをメインにナツメグ、味の素、塩、ブラックペッパー、バジルなどをすり潰す。これは大昔に某バーガーチェーン店で働いていた時、パティ焼成時に割と多めのシーズニングをしていた記憶から(すり潰すことで味ののりが良くなります)。

手作りポテトにも有効です

ガーリックパウダーの代わりにコンソメや鶏がらスープの素を使うとパンチのある味になります。

 

冷蔵庫で少し寝かせたお肉を分割。ラップで挟んで圧力をかけて伸ばします。

65g〜70g

平な物を乗せて少しづつ力を加える

少々のひび割れ&形崩れは気にしない

ついでに横でバンズを温める

両面シーズニングを振って中火で焼成

返した時に押さえて縮み防止

この時フライ返しの穴から出る肉汁が透明になるまで焼く事。パティを薄くする事で両面3分程で火が入る(片面90秒)。なので、両面3分〜程度でこの焼き色になる火加減を見つける事がポイントの一つ。

良い焼き色!!

王道はこれだ!!

色々やったけどやはりコレが一番お肉の味を引き立てる。野菜は玉ねぎ必須&トマトのみ。強いていうならばピクルスがあれば、コレはもう!最強の組み合わせ。

マスタードはコレ

出来立てをパクリ!!

こうなるのはやむを得ない←2個目っす

出来立てのバーガーをビールで流し込む幸せを知っている人いるのかな〜。

 

もう堪らんけん!!!

(博多弁で)

 

さて、次はどんな作戦で行こうかな。