boulangerieの暇つぶし

元パン屋で都内タクドラの雑記。パン、料理、音楽、映画、インテリア、バイクネタがメイン。たまに毒吐きます。

手間抜きトマトクリームチキンスープ

肉じゃが用の野菜の処理をと考えてミネストローネを作ろうと思った。←人参がね..


boulangeriemanna545.hatenablog.com

 

ミネストローネの調理手順を想像すると野菜を切り揃える→炒めてから煮込むところが面倒になった。

 

肉じゃがの様に作れば良いんじゃね?となった。

 

水900ccに固形のコンソメ一つを入れ軽く塩胡椒して味付け、沸かしている間に野菜を切る。

カットは一口サイズの乱切りだ。お湯が沸いたら骨つきチキンと一緒に鍋に入れ再沸騰→その後灰汁が出るので丁寧に取り除く。

 

f:id:boulangeriemanna545:20210109231243j:plain

灰汁取り作業を終えるとキチンペーパーを被せて30分ほど弱火で煮る。肉じゃがの含め煮だ。

f:id:boulangeriemanna545:20210109231400j:plain

灰汁を取ったらトマトホール缶を1缶投入。鍋中央に塊であるのだけど気にせず放置。

ミネストローネやトマトチキンスープに水はあまり入れないのだけど、水分が多い事によってこのまま放置可能となる。さらに30分経過して味を見ると意外と濃厚な味。ここでスプーンを使ってトマトを散らす。→トロトロに溶けているのですぐに全体に馴染む。

 

このまま食べても良いけど生クリームがあるので200cc入れて見た。従来の作り方では無いため若干の薄さを感じ為更に煮詰める事20分。最後に塩加減を調整、好みでブラックペッパーを入れたら完成だ。

 

 

f:id:boulangeriemanna545:20210109232032j:plain

 

普通に美味しく食べる事が出来たなんちゃってスープ。でも野菜はトロトロ、チキンも柔らかく煮えており生クリームを入れたお陰でとろみが付いて食べ応えが増した。ミネストローネとトマトクリーム煮の中間的な味わいだ。この調理方法の長所は放置可能なところが全て。手抜き...もとい!手間抜き料理という事で

 

ところで緊急事態宣言発令後の翌日は勤務だったのだけど

 

見事に売り上げが減った。笑

 

日中は正月明けの雰囲気だったのだけど、日が暮れて20時付近になると街灯りが一斉に消え繁華街はまるで深夜の様相となり20時以降の港区の空車待機タクシー台数は200に迫る勢いで増えた(今までで最多)。焦っても仕方ない、早々に諦め都心を離れる事になったのでした。

 

明日以降には再び勤務態勢が変わるかな?

やれるところまで頑張ろう。